プロ3人が選んだ「おすすめ家計簿アプリランキング」8選。プロが教える「家計簿アプリの選び方」

プロが教える「家計簿アプリの選び方」

FP 新井智美
家計の見直しを行う際には、毎月の支出が分かるものを用意する必要があります。最近では作成に便利な「家計簿アプリ」がたくさんありますので、ぜひ活用してみましょう。

家計簿をつける目的は、無駄な支出を抑え、お金の流れを把握することです。そうすることによって、余ったお金を預貯金に回したり、さらに余裕がある部分については運用に回したりと、今後のライフプランに沿った使い方をすることができます。その基本データとなる家計簿ですが、アプリによって使える機能に特色があります。まずは「家計簿アプリ」にはどのようなものがあり、それをきちんと使いこなせるかが、選ぶ際の大きなポイントとなります。「家計簿アプリ」には自動連携をはじめ便利な機能が用意されています。まずは「家計簿アプリ」に自分の使いたい機能があるかどうか、事前に確認するようにしましょう。

広島・女性・47歳
業務歴:4年
得意分野:住宅ローン相談、家計相談、保険相談、ライフプランニング、教育資金相談、老後資金相談
資格:1級FP技能士、CFP、DC(確定拠出年金プランナー)、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

お金の専門家の詳細・ご相談はこちら

'FP 新井智美「家計簿アプリの選び方」'
「家計簿アプリ」とは?

家計簿アプリに導入されている基本的な機能は、お金を使った日、金額、項目をスマホで入力することで、支出の合計や項目の内訳が自動的に計算されるというものです。

さらにその入力を効率化するための「レシート読み取り機能」がついているものや、「クレジットカードや銀行口座、他にもポイントカードとの連携機能」がついているものもあります。

さらに、最近は共働きの夫婦が増えており、そのような場合は共通の口座を持っている方がほとんどです。そのような口座を夫婦お互いで管理できるようにするための「共有機能」がついているものもあります。

では、それぞれの機能について、もっと詳しく解説していきましょう。

レシート読み取り機能

レシート読み込み機能やレシート撮影機能などという呼ばれ方もしますが、使い方は同じです。スマホでレシートを撮影すると家計簿に自動で記録されるようになっています。スマホで撮影するだけで購入日時、値段、内訳が自動振り分けされて管理できるので、本当に便利です。

特に最近のレシートにはどのようなものを買ったのかが詳しく記載されていますので、スーパーで食品や日用日などいろんな商品を購入しても、きちんとその項目別に振り分けてもらえるのは助かりますよね。

家計簿アプリを利用するのであれば、この機能はぜひ取り込みたいものです。

クレジットカードや銀行口座、他にもポイントカードとの連携機能

銀行口座やクレジットカード情報を登録し、連携させることで、翌月の口座引き落とし情報やカードの利用情報を自動的に記録してくれる機能です。

最近は特にキャッシュレス決済が多くなり、さらにはAmazonなどのネットショッピングを利用する方も増えています。そのような利用状況もきちんと管理し、家計簿に反映してくれるので非常に助かります。

アプリにもよりますが、使ったクレジットカードの情報について、次回の引き落とし額とその日にちを教えてくれるものもあります。いつも引き落とし口座に余裕があればいいのですが、そうでないときにはとても役に立つ機能です。

また、クレジットカードや各種ポイントカードを登録することで、現在の保有ポイント数が一覧で見ることができることも嬉しいですよね。

最近ではクレジットカードの利用明細を紙ベースではなくWebで提供する会社が増えてきたこともありますので、ぜひアプリ内で管理できるように環境を整えておくとよいでしょう。

共有機能

家計簿アプリを複数人で共有できる機能で、活用例としては「夫婦間で家計簿アプリのデータを共有する」などが挙げられます。

家計についてはどちらかに任せるというのではなく、同じ世帯で暮らしているのであれば、お互いの支出状況を把握することは、家計の見直しにも繋がりますし、何より、二人で一緒に取り組むという姿勢を取ることができるのは心強いといえるでしょう。

予算管理機能

毎月の支出項目における予算を決めて、その中で生活する!と決めている方にぜひ使っていただきたい機能です。この機能は、まずその月の予算を入力し、支出データを取り込んでいくことで今月あといくら使うことができるのか把握することができるようになっています。支出を無駄なく予算内で終わらせることも、家計簿をつけるにあたり重要なポイントです。

さらに、毎月の貯蓄目的額があるのであればその設定を行うことも可能です。この貯蓄目的額の設定は、今後予想されるまとまった出費に対して貯蓄を考えている方にとっては、非常に役に立つサービスです。

レポート作成機能

家計簿アプリの中には、毎月の収入と支出のバランスをグラフ化した「レポート」を作成してくれる機能がついているものもあります。

そのレポートを見ることで、支出が先月よりいくら増えているのか。収入に変化があるかといった情報以外に、最終的に現時点の資産総額が前月と比べてどのくらい増えたり減ったりしているのかを見ることができます。もちろん月ごとのデータ以外に年ごとのデータを見ることも出来ます。

せっかく家計簿アプリを利用するのであれば、グラフ化されたものでより分かりやすく家計の状態を見ることができるようにしておくことをおすすめします。

家計簿アプリを使おうかなと考える際には、その利用目的をまず再確認しましょう。

例えば、「どんなものなのか、とりあえず使ってみて様子を見よう」と思っている方もいれば、「家計簿アプリを利用するなら、とにかく支出の状況について正確にきちんと把握したい」と思う方もいるでしょう。さらには、「もう既に家計簿アプリを利用しているけれど、今のアプリでは物足りない。もっと便利な機能がたくさんついているアプリを探している」という方もおられます。

あまり高度な機能を使おうとすると有料プランを利用する必要がありますが、そのあたりは利用しながら考えていくようにしましょう。

'FP 新井智美「おすすめ家計簿アプリランキング」'
1位:Zaim
2位:Money Forward ME
3位:Moneytree
4位:Dr.Wallet
5位:らくな家計簿
FP 小高華子
プロが教える「家計簿アプリ」の選び方。家計簿アプリを選ぶポイントは、使いやすさ!自分のスタイルに合った家計簿アプリを探してみましょう。

家計簿のメリット、それは、お金の流れを把握できることです。お金の流れがわかれば、無駄な出費も見えてきてきます。そこから節約しようとする意識が芽生え、貯蓄にもつながります。しかしながら最大のデメリット、それは「面倒くさい」ということです。家計簿をつけようと試みては、何度も挫折を繰り返す…なんて人も少なくありません。しかし、そのデメリットをカバーしたものが、家計簿アプリです。今まで、レシートを広げ、1枚1枚電卓をたたいていた人も、スマートフォンのカメラで撮影するだけ。銀行の公共料金やクレジットカードでの引き落としなど、いちいちチッェクしなくても、連携機能で自動的に記録してくれます。面倒くさいと感じていた家計簿が、手軽に簡単にできてしまいます。では、どんな使い方ができるか見ていきましょう。

東京・女性・45歳
業務歴:3年
得意分野:住宅ローン相談、家計相談、保険相談、ライフプランニング、教育資金相談
資格:1級FP技能士、CFP®、住宅ローンアドバイザー、DCプランナー、相続診断士、メンタルケア心理士、行動心理士

お金の専門家の詳細・ご相談はこちら

'FP 小高華子「家計簿アプリの選び方」'
家計アプリとは

スマートフォンやタブレット端末を使って、お金の管理が出来るアプリです。

家計の入力や集計の作業を自動化または簡易化してくれるもので、紙の家計簿より手軽に収入・支出の管理ができます。

スマーフォンやタブレットで、手軽に気軽に家計の管理が出来るため、大量のレシートをとっておりたり、電卓をたたくなどの手間も省けます。

アプリで出来ること

アプリで出来る事は、大きく分けて3つです。

  1.  現金やクレジットカードの支払い、銀行口座からの引き落としなどの支出の管理
  2. お給料や銀行口座への振り込みなどの収入の管理
  3. 預貯金や株式・投資信託等の証券やポイントなどの資産の管理
アプリの機能

次に、アプリの大まかな機能をみていきましょう!

1.レシート読み込み機能

スマートフォンのカメラでレシートを撮影するだけで、レシートの内容を読み込んで記録してくれる機能です。

2.銀行口座やクレジットカード等との連携機能

毎月の公共料金やお給料が振り込まれる銀行口座や買い物等で利用するクレジットカードと連携すると、
利用金額を自動的に記録してくれる機能です。

3.共有機能

アプリを複数人で共有できる機能です。

4.予算管理機能

月の予算を入力すると、あといくら使えるのかが、見える化出来る機能です。

5.通知機能

ポイントの有効期限やクレジットカードの支払日、また家計簿を付け忘れた時などに知らせてくれる機能です。

中には、購入したものから献立レシピを紹介してくれる機能や、カレンダーに書き込みができて日記のように使える機能もあります。

アプリを選ぶ時のポイント

選ぶ時のポイントは、家計簿アプリのメリットでもある、「機能性」「利便性」です。

人気あるからとか皆が使っているからという理由ではなく、その人のライフスタイルにあったものを選ぶことをお勧めします。

家計簿を長く続けるための条件としては、まず入力や操作がシンプルなもの。特に、機械操作が苦手な方などは、分かりにくいものや操作が面倒なものだと続かなくなってしまいます。

そこで、お勧めなのはレシートの読み込み機能があるもの。これだと、入力する手間がなく、スマートフォンで写真をとるだけで簡単に入力できます。

続いて、銀行の口座やクレジットカード、ポイントカードを数種類持っている方には、金融機関との連携機能があるものがお勧めです。連携することにより、一括管理が可能となります。

ただし、連携機能を使う際に、金融機関やクレジットカード会社との認証データが必要となりますので、事前の手続きが必要となります。

また、共有機能があるものを使うと、家族と共有しながら家計の管理ができます。例えば、夫婦で一緒に管理することによって連帯感も増し、ちょっと敷居の高いお金の話も気軽にできるようになるのではないでしょうか。

現金主体の人は「レシート読込機能」、キャッシュレス主体の人は「連携機能」があるものを選ぶとよいかもしれません。

'FP 小高華子「おすすめ家計簿アプリランキング」'
1位:Money Forward ME
2位:Zaim
3位:LINE家計簿
4位:Moneytree
5位:レシーピ!
FP 宍戸美香
手間をかけずに続けられることが家計簿アプリの鉄則。ニーズの多様化に応えられるアプリの中からあなたの相棒になるアプリを見つけましょう

家計のお金の流れを「見える化」することはとても大切です。家計を「見える化」するのに大切なのが家計簿ですが、家計簿をつけるだけで満足してしまい家計の振り返りをしない人も多いです。また、家計簿に挑戦してもスーパーでまとめて食費や雑費を購入するのでカテゴリ分けができない、だから家計簿をつけないという人もいます。せっかく家計を「見える化」しようと思うなら、毎月の支出内容の変化や、節約できる支出を見つけたいですよね。そんな方にぜひ取り入れてもらいたいのが家計簿アプリです。家計簿だけではなく、資産運用を管理できるアプリもあるので、自分のニーズに合ったアプリを選びましょう。

福島・女性・49歳
業務歴:11年
得意分野:住宅ローン相談、家計相談、保険相談、ライフプランニング、教育資金相談、老後資金相談
資格:CFP®、住宅ローンアドバイザー

お金の専門家の詳細・ご相談はこちら

'FP 宍戸美香「住宅ローンの選び方」'
手間をかけずに続けられることが家計簿アプリの鉄則。ニーズの多様化に応えられるアプリの中からあなたの相棒になるアプリを見つけましょう

家計簿アプリで重要なのは、手間をかけずに続けられること。

家計簿は続けないと意味がないからです。

家計簿はなぜ必要なのか

手取り収入-(貯めたい金額+返済金)=生活に使えるお金

この生活使えるお金をカテゴリ別に予算取りし、その中で生活していけば家計管理に苦労することはありません。ですが実際に生活費の各カテゴリにいくら使っているのかご存じですか。家計が破綻している場合、月の食費が分からないご家庭がほとんどです。

家計の見直し相談ではお客様に1カ月分のレシートを持ってきてもらい、食費、外食費、家賃、水光熱費、医療費、交通費、通信費、教育費、交際費、娯楽・レジャー費、嗜好品費、支払い保険料、ローン等の返済のカテゴリに分けします。各項目に仕分けした後、見直す項目がないか、削減できる支出がないかチェックします。

生活費にいくらお金が必要なのかが分かれば、無理なく貯蓄や運用に回せるお金も分かります。5年後の家庭の貯蓄残高も予測できます。

家計管理の基本は家計を「見える化」することです。そのために家計簿に記入をしていくのですが、家計簿を書くことだけが使命になってしまい振り返りをしなかったり、カテゴリに分けることが大変で挫折する人も多いです。

家計簿アプリでは毎日簡単にスマホで簡単に家計簿が付けられ、毎月の収支を振り返ることが出来る大変便利なアプリです。

家計簿アプリの代表的な機能
  • レシートなどをもとに、毎日の支出を記入する。
  • 支出項目を仕分けし、家計状況を「見える化」出来る。
  • 共有機能でアカウントとパスワードを共有すれば夫婦別財布でも家計管理が出来る。
  • 銀行やクレジットカード、電子マネーと連携できる。
私の考える家計簿プリの5つの絶対条件
  1. レシートの読み取り機能がある
  2. 支出を自動で仕分けしてくれる
  3. 収入と支出を「見える化」、分析できる
  4. 楽しい
  5. 自分のニーズに合っている

1.レシートの読み取り機能がある

家計簿は続けないと意味がない、だから毎日簡単に記入ができることが必須です。2,3件のレシートを毎日ポチポチ入力しないといけない・・・最初のうちはできても面倒になってやらなくなります。

そこで活用したいのがレシートの読み取り機能です。アプリを立ち上げ、レシートの写真を撮って送信するだけ。それだけで支出が記入できるなら、続けられそうですね。

2.支出を自動で仕分けしてくれる

家計簿でつまずくのが支出の仕分けです。仕分けを細分化しすぎてくたびれてしまう、ドラッグストアなどでまとめ買いをして食料品や生活雑費が分けられなくて挫折をしてしまうことがよくあります。そもそも家計簿で挫折をする人は几帳面で完璧主義者が多いです。

家計簿アプリには読み込んだ支出を項目ごとに仕分けし分類してくれます。自分の仕訳ルールを作ることもできます。

3.収入と支出を「見える化」、分析できる

毎月の収支を記録していくので、支出の推移をグラフ化して比較することが出来ます。資産残高を記録しておけば、貯蓄残高の推移をみることもできます。

また預金だけではなく株式や不動産などの資産情報を入力しておけば個人のバランスシートや資産管理にも使えます。

4.楽しい

長く続けるためには楽しく継続できることが大切。ゲーム感覚でポイントをためながら家計簿をつけられるアプリやお買い得情報、ブログなどが楽しめるアプリもあります。

5.自分のニーズに合っている

家計の収支の記録だけで十分なのか、銀行やクレジット情報も連携してスマートにお金を一括で管理したいのか、それぞれのニーズによって選ぶアプリは変わってきます。

また、夫婦で収支を共有、お得情報を活用できるサービスもあるので、機能面を良く調べて自分に合ったアプリを選んでください。

こんな活用も

家計簿アプリにはカレンダー機能があり、●月●日にいくら使ったのかカレンダーに記入してくれます。

例えば食費と雑費を6万円と予算決めしておいて、30日で割ると1日当たり2,000円使えることになりますが、毎日2,000円以内で買い物すれば予算目標が達成できます。一週間分まとめ買いする人なら14,000円ですがカレンダーに支出が記載されていくので、無駄遣いしないように注意が出来ます。

無料サービスと有料サービスの違い

有料プランでは支出のカテゴリの細分化や、アプリの画面を自分らしくカスタマイズ出来たり、サービスの連携数、データの閲覧機関が変わります。自営業やフリーランス支出をプライベートと仕事の経費に分けてくれるものもあり、確定申告の際にも役立ちます。使い勝手なら有料サービスを申し込んだ方が幅広く活用できます。

初めて家計簿アプリを使う人は、まずは無料プランから始めてみてください。使いながら、もっと詳しく家計管理がしたい、金融機関と紐づけをしてお金の管理をすべて家計簿アプリでやりたいなど、自分のニーズが分かってきた時に有料プランに変更してはどうでしょうか。

家計管理でファイナンシャルプランナーに相談するのも一つの方法ですが、まずは家計簿アプリで家計管理を始めてみてはいかがでしょうか。自分の大切なお金だから、自分が管理できることが最も大切なことだと思います。最近の家計簿アプリはファイナンシャルプランナーのソフトのように優秀なものもありますから、ぜひ家計管理の相棒を見つけてください。

'FP 宍戸美香「おすすめ住宅ローンランキング」'
1位:Zaim
2位:Dr.Wallet
3位:Money Forward ME
4位:CODE
5位:Moneytree

プロが教える「おすすめ家計簿アプリランキング」

Zaim 100点(3名/3名中)

おすすめしているプロ
評価コメント
FP 新井智美

“FP 新井智美”
「1位」におすすめする理由

無料で利用でき、記録のしやすさと見やすさという観点からも1番おすすめ

プロの方々が口をそろえておすすめする家計簿アプリ。無料で使えることや、上で紹介した基本的な機能以外にも「ローン返済管理」などの機能も備わっているところが魅力です。

さらに、世帯の所得や家族構成を登録することで、「家計バランス診断」を行ってくれるところも高評価です。クレジットカードや口座の連携数も多く、それらの残高を一覧管理できるところも人気となっています。

記録のしやすさと見やすさという観点からも1番おすすめしたいアプリです。
FP 新井智美「家計簿アプリの選び方」

FP 小高華子

“FP 小高華子”
「2位」におすすめする理由

社会のニーズに対応する便利な機能が多く、バランスのとれたアプリです

ダウンロード数も多い、人気アプリです。予算機能や付け忘れ防止のアラーム機能など、便利な機能がとても充実しています。

そして、このアプリの最大の特徴は、家計簿を複数人と共有出来ることです。夫婦で一緒に管理したい人などにも向いています。

最近では、新型コロナ対策に対応した機能として、日用品の購入サイクルなど自動計算できる機能もあります。また、パスコードやロックがかけられるため、セキュリティ面でも安全に使えます。

【こんな方にお勧め!】

・夫婦で一緒に管理したい人

・家計簿を細かく付けていきたい人

・セキュリティ面を気にする方

FP 小高華子「家計簿アプリの選び方」

FP 宍戸美香

“FP 宍戸美香”
「1位」におすすめする理由

家計管理に失敗してきた人にオススメ!専属のファイナンシャルプランナーがいるような手厚くサポートしてくれる家計簿アプリ

レシートの読み取り機能も正確です。月の予算機能でカテゴリごとに設定すれば、食費30,000円、日用雑貨2,000円というように予算目標を設定することもできます。自分の家計のカテゴリごとの予算が分からない人には大変助かる機能です。

銀行口座やカードの情報、ショッピングサイトの情報と連携すると家庭のお金の動きを一括で「見える化」することが出来ます。有料のZaimプレミアムなら総資産・口座別の残高のグラフ、証券投資の損益のグラフが見られるので、株や投資信託で投資中の人にオススメです。

お金の便利帳では家計のバランス診断やローンのシミュレーション、保険、給付金情報やスーパーの特売情報まで、まるでファイナンシャルプランナーに相談するような幅広い情報を利用することが出来ます。

FP 宍戸美香「家計簿アプリの選び方」

Money Forward ME 100点(3名/3名中)

おすすめしているプロ
評価コメント
FP 新井智美

“FP 新井智美”
「2位」におすすめする理由

画面デザインや使い勝手がよく、連携している金融機関およびサービスが多いところが高評価

実は筆者も使っている家計簿アプリがこのMoney Forward ME。画面デザインや使い勝手についても、かなりの評価を得ているところは見逃せません。とにかく連携している金融機関及びサービスが多く、その数は2,000以上となっています。

ただし、無料会員の場合、連携できる金融機関および金融サービスは10件までとなっているので、それ以上の連携先を登録するのであれば「プレミアム会員」登録を行う必要があり、その場合月額500円の費用が発生することに注意が必要です。

連携数が10までに抑えられる方であれば、ぜひ候補の一つに入れておきましょう。
FP 新井智美「家計簿アプリの選び方」

FP 小高華子

“FP 小高華子”
「1位」におすすめする理由

家計簿機能だけでなく、資産管理も一括で賄えるところがポイント!

銀行やクレジットカードなど、約2,500以上の金融関連サービスとの連携が可能なマネーフォワードME。一度登録をしておけば、入出金のデータから口座の残高まで自動管理してくれます。

証券口座や年金口座などとも連携も可能ですので、家計の管理にとどまらず、資産の状況を把握することも出来ます。また、アマゾンや楽天とも連携できるため、インターネットショッピングをする人にもお勧めのアプリです。

ただし、無料版だと連携数に上限があるので注意が必要です。

【こんな方にお勧めです】

・銀行口座やクレジットカード、またポイントカードを複数持っていて管理が大変な人

・自分の資産がどのくらいあるか、常に確認したい人

・株や投資信託とも連携できるので、資産運用も一括で管理したい人

・セキュリティ面を気にする方

FP 小高華子「家計簿アプリの選び方」

FP 宍戸美香

“FP 宍戸美香”
「3位」におすすめする理由

家計管理だけではなく資産管理まで本格的に管理したい人向き。資産の推移が分かるので長期で家計を育てていく家計簿アプリ

家計簿の機能の収支の記録とカテゴリ分類をしてくれるのはもちろんですが、銀行口座、クレジットカード情報、証券口座、仮想通貨、不動産まで連携することが出来ます。このアプリだけで資産管理ができてしまうと言ってもよいでしょう。

家計簿アプリとしてはレシートの読み取りの精度が弱いですが、手入力で修正が出来ます。面白いのは通信販売やポイントカードの連携もできるところです。

有料でプレミアム会員になると家計診断や家計資産レポートも利用できるので、しっかり資産管理がしたい人は有料プランでの利用をお勧めします。

FP 宍戸美香「家計簿アプリの選び方」

Moneytree 100点(3名/3名中)

おすすめしているプロ
評価コメント
FP 新井智美

“FP 新井智美”
「3位」におすすめする理由

操作がシンプルで、明細や資産残高の管理がしやすい

Moneytreeは操作がシンプルで、明細や資産残高の管理がしやすいことが魅力となっている家計簿アプリです。管理する上で、お金の流れを分かりやすく管理できることはポイントですよね。

また、家計簿アプリのみならず、どのアプリでもセキュリティ面での不安がぬぐえませんが、このMoneytreeはかなりの高セキュリティレベルを用意していることも評価されています。

無料で充分な機能を利用することができ、さらにはアップルウォッチから利用することも出来ますので、そのような使い方を考えている方にはおすすめのアプリです。

FP 新井智美「家計簿アプリの選び方」

FP 小高華子

“FP 小高華子”
「4位」におすすめする理由

面倒くさがり屋さんには必見!AIが明細のカテゴリーまで仕分けをしてくれます。

金融機関の99%をカバーしてあるほど、連携機能が充実しています。また、銀行口座情報やクレジットカードを登録しておくだけで、AIが自動的に仕分けをしてくれるので、家計簿が楽に続けられます。

そして、このアプリの最大の魅力は、アラート機能。ポイントの有効期限やクレジットカードの支払日、また大きな額の引き落とし項目に対し、アラートで知らせてくれるので、ついうっかりなんてことになるのを防いでくれます。ただ、レシート読み取り機能は有料になってしまいます。

【こんな方にお勧め!】

・入力作業をできるだけ省きたい人

・キャッシュレスで生活している人

・セキュリティ面を気にする人

FP 小高華子「家計簿アプリの選び方」

FP 宍戸美香

“FP 宍戸美香”
「5位」におすすめする理由

キャッシュレス決済派にオススメ!ごちゃまぜになりやすい経費もAIがしっかり仕分けしてくれます

レシートの読み取り機能はありませんが、電子マネーやポイント、クレジットカードと連携が出来るので、キャッシュレス決済を中心に使う人には大変便利です。金融機関情報の登録に制限がないので複数の口座の流れが見られるほか、クレジットカードの情報も複数登録できます。

通知機能があるので銀行の残高の動きやクレジットカードの引き落とし額なども通知を受け取れるので、うっかり屋さんや忙しい人には魅力的な機能です。またお金に関するブログも充実しています。

有料プランではフリーランスやビジネスマン向けの経費を管理できるプランもあります。

FP 宍戸美香「家計簿アプリの選び方」

Dr.Wallet 67点(2名/3名中)

おすすめしているプロ
評価コメント
FP 新井智美

“FP 新井智美”
「4位」におすすめする理由

レシート読み取り機能が高評価、アプリ内でポイントを貯めることも可能

レシート読み取り機能で高い評価を得ているのがこちらのDr.Walletです。棒グラフやカレンダーでの日々の分析結果を表示してくれるなど、お金の流れをきちんと可視化してくれるサービスは、使う側としては非常にありがたい機能ですよね。

また、Dr.Walletには、アプリの中でポイントを貯めることができます。「Dr.Walletポイント」では様々なキャンペーンが用意されていますので、積極的に活用してポイントを貯めていくとよいでしょう。

貯めたポイントは、300ポイントごとにAmazonのギフト券に交換することができます。せっかくアプリを使うのであれば、このようなポイントが活用できるものもおすすめです。

FP 新井智美「家計簿アプリの選び方」

FP 宍戸美香

“FP 宍戸美香”
「2位」におすすめする理由

家計簿はシンプルでいい!レシート入力の手間をかけたくない人や、家計簿アプリ初心者にオススメしたいアプリ

レシートの読み取りなら正確さNo.1です。その理由は専任オペレーターがレシートを目視で手入力してくれるから。読み取りがうまくできなくて自分で入力する手間がかかりません。さらに支出ごとのカテゴリ分類も自動で完璧にしてくれるので、ズボラさんには超オススメのアプリです。

また、IDとパスワードを夫婦で共有しレシートを読み込むだけで、お財布別の夫婦でも1つの家計簿が作れるので生活費の管理がしやすいです。

無料プランなら食費、日用雑貨などの仕分けになりますが、有料プラン(月額600円)なら商品名や単価まで入力してくれます。家計簿アプリを始めてみたい方はまず無料版からスタートしてはいかがでしょうか。

FP 宍戸美香「家計簿アプリの選び方」

らくな家計簿 33点(1名/3名中)

おすすめしているプロ
評価コメント
FP 新井智美

“FP 新井智美”
「5位」におすすめする理由

入力のしやすさやグラフなど画面の見やすさで高評価、家計管理に役立つ機能も充実

毎月の決まった支出について、アプリ上で設定することで毎月の入力の手間を省くことができる「繰り返し設定」や、「カレンダー機能」の搭載など、入力のしやすさやグラフなど画面の見やすさで高評価を得ているアプリです。

さらに、支出内容をより詳細に分析できる「フィルター機能」など、家計管理に役立つ機能がたくさん掲載されているところもおすすめしたい理由の一つです。「見て分かりやすいアプリ」を求めているのであれば、選んで間違いないといえます。

FP 新井智美「家計簿アプリの選び方」

LINE家計簿 33点(1名/3名中)

おすすめしているプロ
評価コメント
FP 小高華子

“FP 小高華子”
「3位」におすすめする理由

とにかくシンプル!LINEアプリからでも直接入力でき、家計簿アプリ初心者でも安心して使えます

初めてでも使いやすいと評判のアプリです。

LINEを使っている人には、LINEのトーク画面から支出入力ができ、メッセージを送るついでに入力できる手軽さが魅力です。レシート撮影機能や銀行やクレジットカードとの連携もでき、収支の入力も簡単です。

また、カレンダー形式で閲覧できるため、いつどこで使ったのかを一目で把握できます。カレンダーには予定も書き込めるため、手帳としても使えそうです。

【こんな人にお勧め】

・LINEをよく使う人

・家計簿初心者

・とにかくシンプルな家計簿を求めている人

FP 小高華子「家計簿アプリの選び方」

レシーピ! 33点(1名/3名中)

おすすめしているプロ
評価コメント
FP 小高華子

“FP 小高華子”
「5位」におすすめする理由

可愛いキャラクターとシンプルな操作が魅力的なアプリ

レシートを撮影するだけで、収入から支出までシンプルに管理してくれるアプリです。

このアプリの最大の魅力は、撮影したレシートの購入した食材から、料理のレシピを提案してくれるところです。可愛いキャラクターに応援されながら、レシピも提案してくれ、家計簿とレシピに一石二鳥。

また、対象の商品を購入しレシート撮影するだけで、ポイントやマイルがもらえるお得な機能もついています。金融機関との連携はできないので、家計簿をシンプルにつけたい人にお勧めです。

【こんな方にお勧め!】

・忙しい主婦

・家計簿をシンプルに把握したい人

・家計簿を楽しみながら続けたい人

FP 小高華子「家計簿アプリの選び方」

CODE 33点(1名/3名中)

おすすめしているプロ
評価コメント
FP 宍戸美香

“FP 宍戸美香”
「4位」におすすめする理由

レシートがお金に変わる!ゲーム感覚で楽しんでレシートを登録すると、知らないうちに家計簿も自動でできるお得とゲームが好きな人におすすめのアプリ

レシートがお金に変わる新感覚家計簿アプリです。レシートと購入商品をバーコードで登録すると、登録した商品の種類の数だけバーコードチャンスに挑戦してポイントをもらえます。

他にもクエストやラッキーエッグ、スタンプなどゲーム感覚でポイント(1ポイント=1円相当で提携サービスで交換)とコイン(懸賞に使える)をGETできます。

さらに登録したレシートから自動で家計簿が作成されカテゴリ別に仕分けしてくれるので、家計管理にもしっかり使えます。他のユーザーの商品の評価も見られるので、お買い物の参考にもなります。

FP 宍戸美香「家計簿アプリの選び方」

家計簿アプリ比較

関連記事

最近の記事

  1. 実家の片づけは「生前からプロに」頼むべき6つの理由。現役FPが本気で選んだ「信頼できる生前整理のプロ」を紹介します

  2. お金のアンケート調査「ガス会社・料金プランの変更」

  3. 大切な着物に「手放す」以外の選択肢を。日本初・おしゃれな着物のサブスクサービスとは?