保険の種類

女性40代 harutomo1922さん 40代/女性 解決済み

今現在、私と子供たちは安い保険へ加入はしているのですが、私は女性専用のも入ってはいるのですが、毎月の掛け金が安いので、実際何かあった時に、今の保険だけで大丈夫なのかな?と言うのがあります。ただ、毎月保険に掛けられる金額もそこまでは出せないので、そのような悩みを持っている人達はどのような保険への加入が相応しいのか?が知りたいかな?と思います。
自分だけではなく、子供たちの保険も安いのを入っているので、子供たちも今のままでも良いのか?大きくなったら見直せば良いのか?また、女性用のは別で入っていますが、別にがん保険も加入した方が良いのか?
保険全般に詳しくないので、そういうのは知りたいなと思います。

2 名の専門家が回答しています

松村 勝宜 マツムラ カツノリ
分野 医療保険・がん保険
40代後半    男性

全国

2021/04/26

「保険全般に詳しくない」とのことではありますが、個々の保険商品について詳しくなる必要はありません。

それよりも、生きていく上でのさまざまなリスクに対して、保険で備えるべきもの、保険で備えるべきでないものをご自身で判断できるようになることを、目指してください。

保険とは、さまざまなリスクに備えるための、あくまでも手段の一つに過ぎないのですから。

文面から察するに、どうやらご相談者さまは、お金がもっとあればもっとたくさんの保険に入れるのに、とお悩みのようです。

逆です。

民間保険会社の保険は、できる限り保障範囲・金額・期間を限定して入るべきものです。

保険には、大きなコストがかかっています。

保険で備えるべきは、その対象となる事態が起こったときに、社会保障や預貯金等では到底対応できないほどの莫大な経済的負担が発生するリスクに限ります。

子どもさんがいらっしゃるご相談者さまのご家族が加入されるべき生命保険は、働き手の万一に備えた掛け捨ての死亡保険のみです。

具体的には、定期保険やその一種である収入保障保険が該当します。

一方で、病気などのリスクに対しては、保険商品で備えるのではなく、少なくともその分をご自身の口座に毎月コツコツと積み立てて備えることが原則です。

日本の社会保障は、世界的にもトップレベルで充実していますから。

どんなに高額な医療費がかかっても、自己負担額の上限はせいぜい月数万円です。

税金まで投入されている国の社会保障制度があるにもかかわらず、子どもさんの保険や女性専用の保険、がん保険など、わざわざ民間保険会社の保険に高い保険料を支払って加入する意味がどの程度あるのかは、よく考えてみる必要があるでしょう。

ちなみに女性専用の保険というのは、一般的に、通常の医療保険で得られる保障に加えて、女性特有の病気が原因の場合に給付金が、例えば「1日につき5,000円プラス」というように上乗せされるだけのことです。

上述の通り、そもそも病気のリスクに備えるためには医療保険に加入すること自体が合理的であるとは言えません。

「女性専用の保険」というのは、保険会社が女性を保険に勧誘しやすくするための宣伝文句に過ぎないことを、どうかご理解ください。

生きていくには、リスクに満ち溢れています。

そのすべてを保険で備えようとしてしまうと、お金がいくらあっても足りません。

保険は、保険でしか備えられないリスクに限り必要最低限で利用し、それ以外は預貯金等で備えることが、最も合理的です。

園田 武史 ソノダ タケシ
分野 医療保険・がん保険
40代後半    男性

大阪府

2021/05/03

ご質問いただきありがとうございます。加入されている保険の保障内容が不足していないかということですね。基本的には保険料を多く払うほど保障金額を高くしたり、保障範囲を広めることができるわけですが、大切なのは、保険料が高いとか安いとかではなく、自分たちに合った加入内容になっているかどうかです。極端な話をすれば、貯蓄にゆとりがある家計にとっては民間保険の必要性は低くなりますし、貯蓄がほとんどない家計にとっては民間保険の必要性は高くなります。医療の保障の考え方としては、まず健康保険の高額療養費制度などの保障内容を知ること。そして高額療養費制度ではカバーしてもらえない個室ベッド代等の費用を見積もり、実際の窓口負担がどれくらいになるのかを知ること。最後に家計の貯蓄と相談して、どれくらい民間保険の保障が必要かを判断します。ガンへの備えですが、入院・手術の保障額は女性専用特約で手厚くなりますが、ガン治療にかかる費用は入院・手術とは別に通院治療費等が積もっていく可能性もありますので、ガン診断金が出るようなガン保険に加入されておく方が良いでしょう。お子様の保障は、お住まいによって医療費が無料になっていたりするでしょうから、基本的には医療保険の必要性は低くなっております。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

子供に医療保険は必要?

子供の医療保険について教えてください。現在小学1年と年中の子供がいます。保険会社の方からはよく子供にも医療保険をかけるよう勧められています。周りに聞くとかけていない人が多いように感じます。現状は子供の医療費は中学生まで無料となっているため、子供には医療保険をかけていません。万が一に備えて子供の医療保険に加入したほうが良いのでしょうか?家族構成:私、妻、子供2人(小1、年中)収入:私 正社員で年収800万円程度、妻 パートで年収80万円程度貯蓄:預貯金、積立、金融資産含めて1200万円程その他:お互いの両親とは離れて暮らしており、子供に何かあったときは私か妻のどちらかが仕事を休んで面倒を見る必要があります。

男性30代後半 type_r1033さん 30代後半/男性 解決済み
園田 武史 1名が回答

サポートが薄くてもがん保険に入った方がいいのか

ガン保険に入ろうか考えているのですが、がん保険は種類が多く、保険料もいろいろとあります。今の年収から考えると、できるだけ月々の保険料の支払いが少ないものを選びたいです。しかし、月々の保険料の支払いが少ないものは、もしものことがあったときのサポートが、月々の保険料の支払いが高いものに比べると薄いような気がします。それでも、がん保険に入った方がいいのでしょうか。がんになるかわからないし、もしもがんにならかったならそれはそれでいいのですが、支払ってきた保険料が無駄になる気がします。そのことを考えると、月々の保険料の支払いが安いがん保険なら入らない方がいいのかなと思います。がん保険には入った方がいいのでしょうか。

女性30代前半 みみこさん 30代前半/女性 解決済み
吉野 裕一 1名が回答

独り身同然こその不安

40代後半、フルタイム勤務で生計をたてている女性です。私は父と母の3人暮らしをしていましたが、今年1月に父を癌で亡くしました。祖父も癌で亡くなっており、私ももしかしたらという気持ちがあり、40代前半で、医療保険やガン保険を見直しましたが、それでも不安が残ります。息子はいますが、諸事情があり、絶縁状態にあり、私が万が一のことがあった時、保険請求や保険金の支払い先が、母以外となると、誰もいないので、それが第1の不安です。第2には、万が一、母よりも私が先に病に倒れた場合、その後の母の事です。一応、保険などの受け取り人や請求人には母を指定していますが、やり方などもわからない高齢者なので、それがとても不安です。第3は、父も祖父も癌が原因で亡くなっているため、私もリスクは高いですし、それなりの保険には加入したつもりですが、それでも保証内容など本当にこれで賄えるのかというのは常々不安です。保険会社からの紹介で加入したものなのですが、説明されても意味はあまりわかりませんでした。全ては保険、ガン保険の事に繋がりますが、再度見直ししてみるべきか、皆さんはとのような保険の掛け方をそれているのか、これで合っているのかが知りたいです。

女性40代後半 ましゅーさん 40代後半/女性 解決済み
舘野 光広 1名が回答

医療保険の必要性と安心できるプランの選び方

医療保険の必要性について入院費や手術費などを賄うために使うと思うけど、医療費は高額請求の場合は市役所に申請したら10万を超える場合には限度額認定証などの活用でそこまで必要性がなくなると思うし入院費用も1日辺りの3000~5000円の間だと思います。病気をしなければ保険の必要性はないと思われるけどもしもの為にと考えて毎月支払うのと入院の際に支払いを軽くすると意味で加入する方が本当に得をするのかわかりません。ガンなどの入院など長期になるとかを除けば入院は数日程度だと思われるのでどっちが良いのか、また保険に加入するにしてもどれくらいの範囲の予算で入れる保険がいいのかがわからないこともあるのでどこで線引きして加入をした方が良いかを教えていただけると助かります。

男性40代前半 missta_moneyさん 40代前半/男性 解決済み
園田 武史 1名が回答

がん保険の必要性について

現在、我が家では妻と私、民間の医療保険とがん保険の2つに入ってます。医療保険とがん保険、2重に入る意味は何かあるのだろうかと悩んでいます。私は通常の医療保険とがん保険ですが、妻は持病があるため、緩和型の医療保険とがん保険に入っています。実際のところ、がん保険はどの程度必要なのか、私と妻二人ともが必要なのか、同じ程度の保証でいいのかというところで悩んでいます。通常の医療保険のみである程度カバーできるのであれば、別途に医療保険を申し込むのはただの分の悪いギャンブルのような気がしています。また、終身の保健の為、今後はこのプランで継続すればいいのか、ある程度のところで見直しをしたほうがいいのか、そのあたりでも悩んでいます。

男性30代後半 らららぎさんさん 30代後半/男性 解決済み
吉野 裕一 1名が回答