今後の貯金、また学資保険等の活用について

女性30代 めいこ715さん 30代/女性 解決済み

関東在住の30代主婦です。
以前は病院勤めをしていましたが、出産後は専業主婦をしています。
夫は30代後半です。年収は400万円程度でムラがあります。また今後転職する可能性があります。
子供は1歳児が1人おります。
現在新築で一戸建てを建てており、3500万程度のローンが始まります。
家の頭金や、私の奨学金の返済等により貯金は100万円程度しかありません。
現在保険でドル建てをしており、月々5万強保険料でなくなっています。
今学資保険の率がよくないとのことで、まだ加入はしていません。今後可能であればもう1人子供をと考えています。
子供の学資保険は加入せず、私たちと同様の保険に加入した方が効率よく貯めらるのでしょうか?

1 名の専門家が回答しています

松村 勝宜 マツムラ カツノリ
分野 貯金・預金・定期預金・外貨預金・積立
50代前半    男性

全国

2021/03/09

収入が不安定で、貯蓄も限られ、これから住宅ローンの返済も始まるとのこと。お金の不安を解消するために、ご自身なりにあれこれ悩みながら、一所懸命考えておられるご様子が目に浮かびます。
しかし、強い不安のためか合理的とはいえない選択をなさっておられますので、見直しの余地が大きいようです。
「私たちと同様の保険」というのは、月々5万円強の保険料を支払っておられるドル建ての保険ということでしょうか。

であれば、この保険商品は効率が悪いだけでなく、リスクが大き過ぎます。現在ご加入中の保険も、できるだけ早く解約されることをおすすめいたします。
そもそも、民間保険会社の商品には、大きなコストがかかっています。それを加入者がすべて負担しているのです。特に、「保険」と「貯蓄」を一緒にしてしまうと、保険会社にとってはコストを紛れ込ませやすくなるため、物凄く割高な商品が出来上がってしまいます。
さらに、本来着実にお金を貯めていくことを目的とされているにもかかわらず、為替(かわせ)の影響を受ける商品を選択されるのはギャンブルと同じです。
つまり今後円安方向に動けば(例えば、1ドル100円が、120円になること)トクするのですが、円高になれば損失をこうむります。
そもそも為替とは、通貨の交換比率を表しているに過ぎません。相対的なものなのです。つまり、円の価値がどんなに下がって安くなったとしても、ドルの価値がそれ以上に下がれば、相対的に円高になってしまうのです。
日本の借金は膨張を続けていることもあり、円の価値は下がり続けるように思われるかもしれませんが、為替の決定要因はそんなに単純なものではなく、専門家でも予想は困難です。言ってしまえば、為替の予想はコイン投げのようなもの。同じくらいの確率で円安にも円高にも振れるため、コストの分だけ損することが高いのです。

そのような意味で外貨建ての保険には加入するべきでないのですが、小さなお子さまがいらっしゃいますので、ご主人に万一があったときに備える保険は必要だと思われます。「定期保険」またはその一種である「収入保障保険」という掛け捨ての保険に必要最低限加入された上で、ご加入中のドル建ての保険をできる限り早く解約されることをおススメいたします。
また、学資保険に関しましても同様に、「保険」と「貯蓄」が一緒になった割高な商品です。たとえ利率が高くなったとしても、コストパフォーマンスが悪すぎます。
さらに、学資保険には将来のインフレにより実質は目減りしてしまうかもしれないという大きなリスクがあることも認識しておかなければなりません。
インフレとは、世の中のモノやサービスの値段が上がり、お金の価値が下がるという現象のことです。極論かもしれませんが、今は100円で買えるペットボトルの値段が十数年後に千円になる世の中になったとしたら(物価は10倍)、学資保険で十数年後に百万円を貯めたとしても、そのとき実質的には今の十万円程度の価値しかなくなってしまいます。学資保険に限らず、個人年金保険などについても同じことがいえるのですが、将来の受け取り額を今の時点で確定してしまうことは、このようにもしインフレが起こった場合に対応できないためリスクが大きいと考えます。

ではどうすればよいのかということですが、インフレリスクに対応するためにも、資産に株式を少しずつでも加えていくことが最善であると考えます。できれば少しだけ勉強して、投資を実践してみてください。「投資信託(ファンド)」という普通の生活者の資産形成に最適な金融商品があり、これを活用することをおススメします。
具体的には、株式を主な投資対象としたファンドを一つ選び、例えば毎月3万円、というようにコツコツと積み立てていくだけです。
私たちの身の回りにある様々なモノやサービスは、企業によって生み出されたものです。歴史をさかのぼれば、人々の少しでもより良い生活をしたいという欲望が原動力となって今まで経済が成長してきましたし、おそらくこれからもそうなっていくでしょう。であれば、株価は短期的には大きく上下動しますが、長期的にはその企業の価値に収れんしていくはずです。この点が、上がるか下がるかのギャンブルでしかない為替との大きな違いなのです。

ですから、少額ずつ時間を分散させながら株式にコツコツ投資していくという手法こそ、高い再現可能性をもって着実な資産形成を行うための近道です。
本業を通じて社会課題を解決し、より良い世の中づくりに欠かせない企業を丹念にリサーチして投資先企業を選定している、長期での投資に資する本格的なファンドを選ぶ手間さえ惜しまなければ、何も心配することなく、時間を味方につけていずれ大きな資産となっているでしょう。
大事なお金を保険会社に預けてしまうのではなく、このようにして着実に資産形成を行いながら、お金が必要なときに必要な分だけ取り崩し、残りはそのまま世の中の経済成長に乗せておくことが、老後までお金の不安なく暮らしてていくための最適解であると考えています。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

海外の通貨を日本で使用する場合の方法

海外と日本を仕事で頻繁に行き来して仕事をしております。主な収入は海外での仕事からが多く、海外の銀行にユーロで振り込まれています。日本でも銀行口座はありますが、円での収入は海外での仕事に比べて10分の1にも満たない為、残額も(20万弱)少なくなっています。日本への帰国時に、滞在時に必要な分だけユーロを、日本の銀行で円に両替し口座に入れておりますが、両替時のコミッションも少なくはない為、日本で海外の銀行口座からカードで引き出し使用するのがよいのか(こちらも、引き出す際にかなりのコミッションが取られます)、または、日本の口座に一度一定額(100万ほど)を入金し、外貨積み立てをするのが良いのか、どのような形で、日本でユーロを使用するのが一番損をしないのかを知りたいと思っています。年に3-4回は行き来をしてる為、コミッションも馬鹿になりません。よい方法があればアドバイスお願いします。

女性50代前半 Marialenさん 50代前半/女性 解決済み
舘野 光広 1名が回答

外貨建てのリスクについて

老後の資産形成に資金の運用を考えています。昨今の低金利で国内金融機関で運用しても、あまり期待ができない状況です。株式や信託への投資も考えていますが、株価の変動で資産が目減りするのではないかと二の足を踏んでいます。株式を少々、投資信託が500万程度ありますが、投資信託を何かに移管したいと考えています。5年から10年は手を付けるつもりはないので長期的に高利率で比較的安定した金融商品を探していいるところです。例えば、年金払いの生命保険を利用しようとも考えています。あるいはこのまま投資信託を継続した方がいいのかと迷っています。一方で利率を見ると、外貨預金がかなり高くて、町中の保険ショップをのぞいたりすると結構一押しをしています。為替変動リスクを考えたときどこの外貨がよいでしょうか

男性60代後半 shoesakaさん 60代後半/男性 解決済み
植田 英三郎 1名が回答

子供の貯金

38歳で年収450万です。妻は専業主婦で子供は7歳と1歳です。戸建ての持ち家でローンが月7万となります。現在、自治体から頂ける子供手当やお祝い、毎月の給料から少しですが、子供の積み立てをしております。積み立てはすべて銀行へ預金としてあずけておりますが、金額として300万ほどあります。子供が結婚するときに渡そうと思っており、想定は27歳くらいかと考えております。それまでに二人に400万ずつは持たせてあげたいと思っておりますが、ざっくり計算ですと100万ほど足りません。今後、学資以外にも教育費の積み立ても開始するので、現在の給与から追加で貯金をするのは難しいので、残り20年で100万の補填が少しでもできるような運用方法があれば実施してみようかと検討しております。

男性40代前半 outdoor-1さん 40代前半/男性 解決済み
吉野 裕一 1名が回答

老後のために今からできる資産運用は?

定年後必要な金額について一体いくら必要なのか、さらに働くならいくらくらいの年収があれば余裕のある老後が送れるのかが気になります。またそのために現在からできる資産運用は、どのようにすればよいかも気になります。普通預金や定期預金では、低金利時代ですのでほぼ資産の増加は見込めませんので多少リスクがあったとしても最適な運用方法についてアドバイスいただければありがたいです。特に外貨預金については、金融機関は、すすめてきますがメリットばかり言ってきますがデメリット(為替リスクや手数料が高い等)もそれなりにあると思いますので、そのあたりをご教示願いたいです。夫婦のみの世帯ですのでその点を勘案していただき最適なアドバイスをお願いいたします。

男性50代前半 takatokuさん 50代前半/男性 解決済み
小松 康之 1名が回答

損をしないお金の貯め方

損をしたくないのでリスクが可能な限り低く、元本が保証される形で、損をしないお金の貯め方を教えてください。それでいて、なるべくお金を増やせる方法です。また将来の日本が債務超過(デフォルト)に陥る可能性はありますか?その場合に備えて、何かできる備えておけることはありますか?それもできるだけリスクのない、少ない方法で備えておける方法は、何でしょうか?さらに将来の日本がハイパーインフレになる可能性についても教えてください。その場合に備えておけるリスクが低く、かつ、お金が増やせる方法が知りたいです。老後の資金についても教えてください。現在病気の為、障害年金2級をもらっていて、年金の支払いは全免除としています。病気が良くなる可能性は低い場合、このまま年金の支払いは全免除のままのほうが得でしょうか?障害年金年160万もらっていますが、老後資金として、いくら位あれば足りますか?

男性50代前半 ducca_kkさん 50代前半/男性 解決済み
松村 勝宜 1名が回答