税金の節約について知りたい

男性30代 sikunさん 30代/男性 解決済み

私は現在お金の勉強をしているところですが、正直税金などの専門知識が全くなくどのようにしたら、税金を節約できるのかと言うことが非常に気になります。私は現在アルバイトをしながら生活しています。というのも精神疾患を抱え近々障害者手帳を発行してもらう状況なのでそのような点も利用してどうにか税金を節約し投資や貯蓄に回せるお金を将来子供ができたり老後のために真剣に考えたいと思います。

1 名の専門家が回答しています

佐藤 元宣 サトウ  モトノブ
分野 税金・公的手当・給付金・補助金・助成金
40代前半    男性

全国

2021/07/14

ご質問の件について、回答にあたり質問者様に対して多少なりとも失礼なことをお伝えする可能性がある旨をあらかじめ前置きさせていただきます。

はじめに、質問者様は現在アルバイトをしていることから、年収を考慮するとさほど多くないことが予測され、納めるべき税金も少ないか、または、無いのではないかと感じています。

そのため、税金の節約(節税)の効果があるのかどうかについて、率直に疑問が生じており、仮に、1月1日から12月31日までの1年間で、1ヶ所でアルバイトを行い、その年収が103万円以下であれば、そもそも納めるべき税金が発生することはありません。

一方で、アルバイトを複数掛け持ちしており、掛け持ちした年収を合わせて103万円を超えるようであれば、節税対策が必要であると思われるものの、質問内容ではこれらの内容を把握することができない状態です。

そのため、確実な節税対策を知りたいのであれば、源泉徴収票の情報を専門家へ提供した上で税金がかかるのかどうか、仮に税金がかかるのであれば、どのようにすることで節税が図れるのかをお聞きになることが、今回の疑問を解決するために最も望ましい方法であると考えます。

なお、「精神疾患を抱え近々障害者手帳を発行してもらう状況」であることが質問内容から確認でき、これによって、税法上の障害者控除の適用が受けられると推測されます。

この障害者控除を年末調整または確定申告で適用を受けることによって、少なくとも納めるべき所得税および住民税を軽減させられる効果が得られるため、適用を忘れないように心がけておきたいものです。

最後に、質問者様の場合、税金を節税することができたとしても、それが投資や貯蓄に回せる十分なお金(原資)になる可能性は残念ながら低いと思います。(年収が低いと予測されるため)

したがいまして、アルバイトではなく、正社員として働くか、アルバイトをしながら副業収入も得る、個人事業主やフリーランスとして働くなど、収入を今よりも増加させる対策を検討し、実際に行動へ移していただく方が思い描いたように事が進むものと感じています。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

最も有利な退職金の受け取り方法

67歳男性です。62歳で退職し、退職金をもらい、再雇用で2年半働き、この3月末で退職しました。今でも悔やんでいるのが退職金のもらい方がこれで良かったのか、ということです。弊社では、退職金を全て一時金にする、全て企業年金にする、それぞれ分配するの3通りを選べました。当時は企業年金の金利を見て、市場金利よりかなり良かったので、あまり考えることなく、一時金+企業年金で、ほぼ半々としました。ところが、後で色々調べてみると、一時金はある程度まで税金がかからないので、その枠の範囲までは一時金でもらい、残りを企業年金とするのが最良である、という記述が色々見つかりました。いまさらながら、失敗したかな?と悔やんでいます。実際のところ、どうだったんでしょうか?個人差はあるとは思いますが。

男性60代後半 akiraoさん 60代後半/男性 解決済み
松山 智彦 1名が回答

ふるさと納税がいまいちよくわからない

ふるさと納税を始めてみたいと思いますが、いまいちよくわかりません。本当にお得なのでしょうか?大手ECモールなどでも、かなり多くの品数が取り上げられていて挑戦してみたいと思うのですが、旦那が歩合制の仕事なので、年収が結構前後します。また今、私が産休中で私の給与が減っています。その際も前年の確定申告で考えたらいいんでしょうか?また、納税の時期はいつでもいいのでしょうか?ワンストップ何とかっていうものがあって確定申告しなくてよくなったと聞きますが、確定申告しなくていい理由って何ででしょうか?そして、私が大手ECモールの登録者氏名なのですが、世帯主である旦那の名前じゃないといけないのでしょうか。色々とわからないことだらけで興味はありつつも、結局そんな気がして始められません。詳しく教えていただきたいです。

女性30代後半 re62さん 30代後半/女性 解決済み
荒井 美亜 1名が回答

扶養内でのアルバイトについて

21歳 学生現在大学に通っており、もちろんアルバイトもしていて、扶養を超えないようにアルバイトの収入は調節しなければならないとよく言われています。ところが、扶養の超えてはいけない額が年収103万や、130万、3か月の平均収入が10万を超えてはいけないなど様々な限度額があり、それぞれの額には所得税や住民税、保険などたくさんあって何が何だかわからないです。さらに労働時間も週に何時間までや、残業時間などもあってもう頭がパンクしそうです。なので、扶養の仕組みや扶養を超えないためのそれぞれの限度額や条件、それに対して額を超えてしまうとどうなるのか。そしてもし越えてしまった時はどうすればいいのか教えていただきたいです。安心して扶養内でアルバイトするための働き方も教えていただけるとありがたいです。

男性20代前半 5f9fdf57b4dd3さん 20代前半/男性 解決済み
松山 智彦 1名が回答

税金について疑問に思うこと

日本では当初は、税金については、3%から始まりますが、3%から、5%、8%、10%となりまして、税金漬けになっているような気がします。世界各国での税金の水準を見たいと思う所であるのですが、世界各国での税金としましては、何%が最大なのでしょうか?もしくは、税金が少ない国についても必ずあると思いますので、今、税制が非常に重たい国と軽い国について教えて頂きたいと思います。税金10%と言う中で、日本は、どれ位の順位なのか非常に気になっております。税金のこのまま支払い続けておりますと、税金がどれ程膨れ上がってくるのかも非常に気になっておりますので、税金についてなぜ、こんなに上がってしまったのかも教えて欲しいです。

男性30代前半 souma1016さん 30代前半/男性 解決済み
鎌倉 一江 1名が回答

課税対象について

将来のために、税金について調べておかなければと思いつつも、いざ調べてみようとするとどこから手をつければいいのかがわかりません。特に、結婚してから籍を入れた場合どのような申請が必要になってきて、また税金もどのように変化するのか、控除などはどのような仕組みなのかを理解することが出来ていません。税金などは特に知っているといないとで大きく変わってくると思うので、今後勉強していきたいとかんがえております。何か、今後のライフプランに合わせて自分に関係してくるような税金を知ることができるおすすめの本などはありますでしょうか。また、ファイナンシャルプランナーに直接相談して見たい時はどのような所に行けば相談に乗っていただけるのでしょうか。

男性20代前半 Mmm56さん 20代前半/男性 解決済み
小松 康之 1名が回答