持病あっても新規でがん保険に入るためには?

女性30代 mionasama0802さん 30代/女性 解決済み

2年前から体調を壊して気管支喘息と肺炎をこじらせ、短期の入院をしてしまいました。気がつけば、終身医療保険には加入ずみでしたが、医療保険やがん保険にはその際に未加入でした。入院時は、短期の入院で完治したので自分で払える金額で治りましたが、今後もし癌などで長期入院や手術などが起きたときの事を考えるとやはり医療保険への加入が頭に浮かびます。しかし、調べてみると持病を抱えていたり、1年以内に入院既往歴がある人はどうしても医療保険や癌保険に入りにくく、かつ加入後の保険料が高くついてしまいます。現在は高額医療費制度もしっかりとあるので、このままま医療保険には未加入でいくべきか、もしくはきちんと加入すべきなのか非常に迷うべきところです。メリットやデメリットを教えてもらいたいです。

1 名の専門家が回答しています

佐藤 元宣 サトウ  モトノブ
分野 医療保険・がん保険
40代前半    男性

全国

2021/03/09

ご質問の件について、質問へ回答する前にあらかじめ留意いただく点について記載させていただきます。

それは「気がつけば、終身医療保険には加入ずみでしたが、医療保険やがん保険にはその際に未加入でした」という部分にあり、内容が矛盾している点です。

ただし、質問全体を見ていきますと、医療保険の加入に対する必要性についてお尋ねのようであることから、上記内容は打ち間違えとみなし、当初から医療保険に加入していないという前提で回答をしていきます。

はじめに、医療保険は、病気やけがなどが原因で入院した場合などにおいて、保険金が支払われる生命保険にあたります。

医療保険の必要性は、人によって異なるものの、特に、質問者様のように、一度入院をすることで、ある程度まとまった医療費負担を強いられた人にとってみますと、医療保険やがん保険の必要性は高く感じることが一般的です。

質問内容を見ても「今後もし癌などで長期入院や手術などが起きたときの事を考えるとやはり医療保険への加入が頭に浮かびます」とあることから、将来の医療費負担に懸念があると推測され、このような人にとってみますと、医療保険の必要性は高いと考えられます。

以下、医療保険に加入するメリットとデメリットを簡単に紹介していきますので、それらを参考に医療保険の加入について改めて検討されてみることが望ましいでしょう。

医療保険に加入するメリット

・入院を伴う医療費負担の補填として役立つ
・生命保険料控除が適用され、所得税および住民税の軽減が図れる
・保険適用外の治療費補填として役立つ場合がある

医療保険に加入するデメリット

・病気やけがをしない場合の保険料は基本的に掛け捨てになる
・解約返戻金がない場合や解約返戻金があってもごくわずかである
・貯蓄性がない
・持病があったり健康状態が悪い場合は加入できないことがある
・保険金の支払事由に該当しない場合、保険金が支払われない(必ず保険金が支払われるとは限らない)

おわりに

仮に、質問者様が医療保険に加入しない場合は、質問者様が2年前に体験したようなことが将来起こってしまったとしても余裕を持って医療費負担ができる状態を作っておく必要があると言えます。

この場合、本来ならば、医療保険として支払う必要がある保険料を医療貯蓄などの名目で積立預金しておくなどが最もわかりやすいかもしれません。

医療保険を考える上で重要なのは、あくまでもご自身が入院などを伴って入院した場合の医療費負担に懸念があるかないかです。

ご自身の資産から医療費を支出しても余裕があるのであれば医療保険は必要ないと言える一方、十分な貯蓄もなく、医療費負担が生活費と二重になって厳しいと思うのであれば、医療保険に加入して準備しておくのが望ましいと言えそうです。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

持病がある時の医療保険は変えられる?

私はずっと保険は主人の家族保険に入っています。元々、仕事もしていなかったのでそれでよかったのですが、現在多少仕事も始めて、それでいいか迷っています。また、私はリウマチがあり、それがネックで再び保険に入るのは難しいのではないかと考えてそのままにしてあります。旦那が健在なうちはいいのですが、先に亡くなった場合はどうなるのか?また、これからリウマチがあって、自分のみの医療保険に入ることは可能なのか等が知りたいです。また、そうすると金額的にはかなり高いものになるのか、ほかの条件などは厳しいのかなども一緒に聞いてみたいです。さらに、ほかの方は私と同じ状況の方はどうしている方が多いのかなどの情報もあれば聞きたいです。

女性50代前半 chigusahiyoさん 50代前半/女性 解決済み
園田 武史 1名が回答

がん保険には加入すべき?

主人は、わざわざがん保険に加入する必要はないと言います。もう50代に突入していますし、今や国民の2人に1人ががんに罹患する時代なので、私はがん保険に加入してほしいと思うのですが、意見が合いません。もしがんを患っても、高額療養費制度などの公的な制度を使えばいいと思っているようです。主人は、入院やケガだけを補償してくれる、医療保険だけでいいと考えています。もしがんになった場合、その治療費は公的制度だけで賄えるものなのでしょうか。がんの種類や治療方法にもよると思いますが、公的制度だけでは最先端の治療を受けることは、ほぼ不可能なのではないかと私は思います。今は健康に過ごせていますが、この先はどうなるのかわからないので、不安です。主人の言う通り、医療保険だけで問題ないでしょうか。

女性40代後半 みちるさん 40代後半/女性 解決済み
松山 智彦 1名が回答

インターネットと外交員どっちの方がいいの

私は今医療保険を検討していますが、インターネットで入るのが良いのか外交員に相談した方が良いのか悩んでいます。インターネットは手軽に入れるけれど給付金がスムーズに降りるか不安だし、外交員に頼めばアフターサービスはいいような気がしますが高い保険を勧められそうで怖い一面もあります。インターネット保険はいろいろ見るのですがどこも似たり寄ったりで中々決めきれません。でも個人的にはやはりインターネットにしたい気持ちが強いので何をポイントに保険会社を決めればよいかアドバイスをお願いします。絶対に譲れないのは1日5千円以上出る。そして掛け金が5千円以下です。他にここをチェックした方が良いというのがあれば教えていただきたいです。

女性50代前半 みかん大好きっ子さん 50代前半/女性 解決済み
末次 ゆうじ 1名が回答

保険の種類が多すぎて分からない。

わたしは今フリーでお仕事をしているので、まだそんなに収入がなく、国民保険にすら入っていません。わたしはあまり病気をする方ではないので、特に困っていることはありませんが、将来的なことを考えるとちょっとまずい状況です。今お付き合いしている彼と一緒になる予定ですが、自分の保険はちゃんと自分で入っておきたいと思い、収入を得られるようになったら、まず国民健康保険とがん保険にはいることがわたしの夢です(しょぼいな)。そこで、保険は最低限どのくらい入っておけばよいのかわかりません。種類が多すぎです。健康保険があれば、医療保険は入らなくてよいのか、がん保険と医療保険両方入っておくべきなのか…。その前にちゃんと収入を得ないと話にならないんですけど、そこは今年頑張ろうと思います。それか、消費税をもっと高くしてもいいから、日本も外国のように医療代は無料になればいいのになって思いました…。

女性40代前半 matsuko-1120さん 40代前半/女性 解決済み
小高 華子 1名が回答

がん保険や医療保険では、月どのくらい支払えばいいのか

私自身、数十年後に訪れる老後にかかる資金についてお聞きしたいです。特に、これから年金がもらえなくなる、あるいはもらえても少なくなると言われている日本で、貯金を老後までにいくらくらい貯めておけばいいのかを真剣に聞きたいです。さらに、私は個人的な問題を抱えていまして、どうしても、貯金をすることができない、つまり、消費してしまう人間なので、どうすればお金を貯められるのか、その方法や心構えについても聞きたいです。これも、年金がもらえるかもらえないのか心配だからです。やはり、年金を貰えるのか心配ですので、今のうちから、老後に備えて少しでもいいので貯めておきたいと考えたから、このような質問をしたいと考えています。

男性40代前半 momoさん 40代前半/男性 解決済み
山本 昌義 1名が回答