結局医療保険はどのくらいかけとくべきか教えてください

女性30代 まいとさん 30代/女性 解決済み

医療保険はどのくらい必要なのでしょうか?例えば、癌だと、どこに癌ができてしまったか、癌のステージは何なのか、転移はあるのか、治療方法の種類などによって、かかる費用は変わると思います。補償金額が手厚いのにこしたことはありませんが、子育て世代だと、なかなか毎月の掛け金ばかりにお金がかかってしまうと月々の生活が大変です。かと言って、万が一働き世代くらいで癌になった場合は進行が早いので、いろいろとお金の補償は手厚い方が良かったりします。どの程度の補償があると、家族の生活、治療費など心配せずにいられるのか知りたいです。また、万が一に治療の末に亡くなった場合の葬儀にかかる費用や、その後の家族の生活費、子供の養育費などについても、どのように補償されて行くのについても知りたいです。

1 名の専門家が回答しています

小林 恵 コバヤシ ケイ
分野 医療保険・がん保険
50代前半    男性

石川県 福井県

2021/09/06

保険を検討される際に考えるべきことは、「公的な社会保障給付の足りない部分を補う」
ということです。健康保険に加入していれば、実際にかかった医療費の3割で治療を受けることが出来ます。
さらに、健康保険には「高額療養費制度」というものがあり、例えば月収が約28~50万円の人は、月々の自己負担の上限が8万円程度、4カ月目以降であれば44,400円となっております。
(詳しくはこちらをご覧ください。https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/sb3030/r150/ )
だから、3割負担といっても実際の医療費に比例して自己負担がどんどん上がるというわけではないのです。

ただし、入院した時の差額ベッド代(個室に入った時など)や食事代、家族の見舞いの交通費など、健康保険の対象外となるものがあります。また、高額療養費制度で自己負担に上限が定められているといっても、それが何か月も何年も続くとかなり家計を圧迫することになります。(がんになった場合にはそのようになるケースが多いようです。)

更に、現在の高額療養費制度の水準が未来永劫続くという保証はありません。今日本の年間の医療費は40兆円を超えていて、保険料の負担増や診療を受けた場合の自己負担の増加という形で補わねばならないことも考えられます。今だけでなく、将来に向けて備えておいたほうがいいと思います。

さて、どのくらい入っておくべきかですが、ちょっと前までは医療保険というのは入院した場合の1日あたりの給付金で考えるのが一般的でした。だいたい1万円くらいの方が多かったようです。しかし最近では医療費の抑制のために入院が以前ほどは長くなくなっており、入院しなくても一時金などの形で給付がある保険が増えているようです。

どれくらい入るかは収入などにもよります。高額療養費制度では収入が増えれば増えるほど自己負担が大きくなるようになっているので、高額所得者の方は手厚い保障に加入されている場合が多いようです。
また、がんは一貫して患者が増えていてお金もかかるし、5年生存率が伸びる一方で療養期間も長期化していますし、近年では通院や在宅療養で治療をする場合が多いので、がんに対する保障は通常の病気とは別に考えておいたほうがいいと思います。
あと、病気やケガで働けなくなった時には収入が減少するので、この部分も考えておきたいところです。特に自営業者の場合ですと、働けなくなった場合に支給される「傷病手当金」が無いので、保険で備えておいたほうが良いと思います。

お亡くなりになった場合に第一に考えるべきは残されたご家族の生活費・養育費です。年金制度には「遺族年金」というものがあり、ご遺族の方に年金が支給されますが、それほど大きい金額ではなく、自営業の方だと国民年金なので支給される金額はかなり少ないものになります。また、配偶者の方の扶養に入っておられる場合には支給されません。葬儀に関する費用については、最近は家族葬などが増えているので、以前ほどは金額は大きくなくなる傾向にあります。

「どれくらい入ればいいか」ではなく、一人ひとりの収入や家族構成などによって最適な保障は違いますので、「自分に合った保障を考える」ことで適切な保険に加入することが出来、保険料も抑えることが出来ます。また、今既に入っておられる保険があって、今後も活用できるようでしたらその部分は残しておくべきだと思います。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

がん保険にはいるべきか?医療保険にがん特約を付けるべきか?

現在、生命保険に医療保険を付けて加入、さらに別にがん保険に加入しています。保険を見直す中で、入院給付が重なっており無駄であると考えて調べたところ、医療保険にがん給付金を特約で付けられることが分かりました。保険料も当然そちらの方が安くなり、切り替えようと考えています。どのように思いますか?

男性50代前半 たーたさん 50代前半/男性 解決済み
松村 勝宜 1名が回答

ガン保険は何が必ず必要なのか?

40代後半の男性です。家族は今まで全員健康で元気だったのですが、このほど母親がガンになりました。あまりに突然だったので、家族全員酷く動揺してしまったのですが、今まで病気らしい病気をしたことが無かった当人は酷くショックを受けていました。その後、手術、入院となり急の山場はしのいだのですが、医者からは再発の可能性があると言われ闘病生活に入る事になりました。今、現在では、月に1度高額な注射を打ちに病院へ通院しているのですが、医療費や交通費(病院が遠方にある為)がかさみ負担となっております。今まで、家族や親類にガンで亡くなった人がおらず、自分の家系はガンにならないと思っていたのですが、母は浅はかな考えを後悔しており、何らかの備えをしておくべきだったと繰り返しています。自分も年齢的に他人ごとではなくガンにかかった場合の不安がもたげているのですが、今まで何の備えもしてこなかったので、がん保険に対しては何も知りません。ガン保険に加入する際に、必ず押さえておかなくてはならないポイントを教えて欲しいです。

男性40代後半 tmstt1122tnkさん 40代後半/男性 解決済み
中山 国秀 1名が回答

自営業になる予定の夫の保険について

現在、夫は会社員で私は扶養に入っております。保険は生命保険と入院時に出る医療保険のみです。時期は未定ではありますが、近い将来夫が独立して自営業となる予定です。自営業の場合、万が一働けなくなった時に会社員の時よりも保障がないので保険に入った方がいいのかなと思っています。保険について調べていますが、なかなか選べず困っています。ちなみに月の保険料は15,000円以下で考えており、自営業を始める時期は未定ですがいい保険があればすぐに入りたいと考えています。働けなくなった時の保険は複数ありますが、精神疾患が原因で働けなくなった場合の保険が見つかりませんでした。自営業の重圧で精神的に追い込まれた時のことを考えると不安があります。このような状況に合う保険はありますか?

女性30代後半 gusutavoさん 30代後半/女性 解決済み
荒井 美亜 1名が回答

20年前のがん保険は見直しすべきか

今、テレビで盛んにCMをやっている「20年以上前に契約したがん保険の見直し」について悩んでいます。見直したいのはやまやまですが、どうしたって追加で支払いをしなければならないので、その必要があるのか?と考えてしまいます。夫婦の年齢も上がってきたし、がん保険にさらにお金をつぎ込むべきなのか、もう今後は貯金で対応すべきなのか、悩むところです。もちろん、がんの治療方法が変化していること、入院よりも通院が主流になっていることは承知しているのですが、入院しないでよいがんなら、もう医療保険でカバーすることを考えたほうがいいのかな、という考えに傾きつつあります。夫の収入も今後減っていく可能性があるので、固定費はなるべく減らす方向にしたいのもあり、一体なにが正解なのか、悩んでいます。

女性40代後半 ななこさん 40代後半/女性 解決済み
松山 智彦 1名が回答

どんな保険に入るべき?

私は以前父親に勧められて、医療保険に加入していました。内容としては入院保障とがんになってしまった時の保障と身体障害が残ってしまった時の保障です。今はその内容で満足しています。しかし、年齢が上がるにつれて病気に関する悩みも増えてくると思います。その際に新しい保険に入れたらいいなと考えているのですが、一つ問題点があります。私は精神疾患があり、精神障害者保健福祉手帳を持っています。今お世話になっている保険会社の方にいろいろとおすすめの保険を聞いたあとに、私が精神疾患がある事を話すと(保険に入った時は精神障害者保健福祉手帳を持っていませんでした)その保険に入れるか確認してみますと言われました。後日、電話がかってきたのですが、新しい保険に入るのは難しいと言われました。精神障害者でも入れる保険があれば教えていただきたいです。

女性30代前半 nijigen0621さん 30代前半/女性 解決済み
舘野 光広 1名が回答