将来の為にお金を貯めるには、どの方法が良いか

男性30代 ミサイルさん 30代/男性 解決済み

私自身、お金を貯める方法は幾つか把握しておりますが、どの方法が1番良いのか分からないので、その点を教えて欲しいです。貯金方法はたくさんあるのですが、どれが自分にあっているのか分かりません。今しているのは定期貯金、積立ニーサ、年金保険、学資保険で貯めてはいるのですが、分散化してしまっており、もう少しまとめた方が良いのかとも思ってしまいます。そこでやはり、どの方法の貯金方法が1番効果があるのか教えて欲しいです。基本どの貯金方法が良いのか分からず、あれこれ分散してしまっている状態はまずいと妻にも指摘されていますので、是非、ファイナンシャルプランナーならば、家族構成なども考慮して、1番良い方法を教えて貰えそうなので、質問をしてみたく思いました。

1 名の専門家が回答しています

山本 昌義 ヤマモト マサヨシ
分野 お金の貯め方全般
40代前半    男性

全国

2021/03/09

こんにちは、婚活FP山本です。ご質問の前に、将来的に必要なお金の基本についてお伝えします。まずお子様の教育費ですが、最後の大学4年間の総額平均で700万円ほど必要です。2人分で1400万円ですが、学資保険だけで足りますか?もし足りなければ別の資産を取り崩す必要があります。また先般、老後資金2000万円問題が騒がれましたが、実際には一般的に倍の4000万円ほどが必要です。これを60歳までの約25年で準備するとすれば一年あたり160万円、月々13万円ほど貯金が必要になります。お金の貯め方や準備方法などといった損得勘定も大切ですが、そもそも足りるのかどうかという観点はもっと大切です。単純計算で、大学費用と老後資金だけで月20万円を超える貯金が必要ですが、相応にできていますか?上記の大学費用のように、途中でお金が必要になる可能性もあります。まずは、このままで足りるのかどうかを計算してみましょう。

そのうえで、ご質問についてお伝えします。お金を貯める基本は、上記の通り足りるのかどうかという観点と、いつ必要なのかを把握するところが出発点です。これに、当人の経済力や金銭教育レベルなどを合わせて、最善の方法を模索します。このため、常に1番良い方法というものは存在しないのが実情です。しかし一方で、どこまでいってもお金を貯める基本は「貯金」になります。そして貯金額を増やす努力とともに、どうしても貯金だけでは足りない場合に必要なだけリスクを取って運用を考えるのが基本です。言い換えれば、貯金だけで十分足りるなら運用は不要ですし、貯金だけで足りないほどにハイリスクな運用が必要になります。あなた様の場合は、ひとまず上記の大学費用と老後資金が課題ですが、貯金だけでどの程度足りますか?なお、資産の分散は問題なく、むしろ資産の目的が違えば準備方法も違い、分散するのは自然です。分散した資産を常に管理できるよう、家計管理のほうを強化することをおすすめします。ぜひ、まずは貯金額(資産額)を軸に考えてみましょう。

さらに、ご質問についてお伝えします。一般論でいえば、月20万円を超える貯金は正社員の共働き夫婦でも簡単ではありません。もし大幅に貯金額が足りないなら、まずは優先的に貯金アップ、収入アップを考えることをおすすめします。同時に、もし大幅に貯金額が足りないなら、現状は極めて安定資産の配分が多そうですから、よりハイリスク・ハイリターンな運用の検討が必要かもしれません。そして貯金と違って運用資産は「途中で引き出しにくい」ですから、いついくら必要かという基本を元に、用途別に最適な資産配分を考えましょう。いずれにしても、お金を貯める一番の方法はケースバイケースですが、それでもやはり貯金が基本です。同時に、いついくら必要なのかを把握して、それに合わせた方法を取ることが大切といえます。あなた様の場合、貯金額も運用方法も、もしかしたら問題があるかもしれません。そして問題があれば夫婦でしっかり話し合って、夫婦で考えと足並みをそろえて、改めて資産形成に励んでいきましょう。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

資産運用の割合

30代会社員年収は250万ほどです。年収は周りの同年代と比べるとかなり少なめですがそれでもコツコツと貯金をしていき現在は必要最低限の1年間分の生活防衛資金は貯められています。今まで現金貯蓄しかしたことがなく、投資等は未経験です。しかし貯金も目標値に達したので現金以外の資産運用も考えています。積立NISAや少額の株式投資中心に考えています。現在月10万ほど貯金に当てていますがその何割ほどを投資に回すべきかよくわかりません。自分の中では7割貯金、3割投資という風に考えているのですが初心者は投資の割合をもっと低くすべきでしょうか。ちなみにその3割は無くなっていいものと割り切ってリスクは覚悟しています。

男性30代前半 jetstar0807さん 30代前半/男性 解決済み
キムラ ミキ 1名が回答

上手なお金の貯め方

今、FXと将来のためにと考えて、iDeCoを行っています。そこにプラスして最近、dポイントで出来る株取引を始めました。iDeCoは将来の資金のためと考えているのでこまめな取引の変更をすることもなく、1度購入をしたものをそのまま放置している、という感じです。FXに関しても長期の運用をしているので、スワップポイントで増やすという感覚で利用をしています。ただし、思ったほうに動かないということがあるので今までかなりの損失を出しています。二択なのでそんなに難しくはないと思っていましたが、実際には全く利益にはつながっていません。株取引はdポイントを使っているので大きな損失にはなっていませんが、出来るだけリスクの少ない運用を行って、資産を増やしたいと思います。投資額としてどれくらいの準備が必要なのでしょうか?

女性40代前半 ななまるねこさん 40代前半/女性 解決済み
小松 康之 1名が回答

月収が手取り20万円以下でも老後資金を貯められるか

私の家では、夫の月収が月に手取りで19.5万円。現在のこの手取りからそう簡単にあがりそうもありません。そのような収入環境の中で、月々の生活費の支払いを考えていくとやはり貯蓄にまわすお金はほとんどのこりません。そんな中で、ニュースなどをみると老後2000万円問題などが報道されており、実際に資産運用等の知識がない私は、純粋に老後にそれだけのお金が貯められるのか日々不安を感じています。実際に月々にかかっている出費を計算してみると、月18万円ほど。これから子供ももつことも考えるとより節約もしていかなければならないのでしょうが、現状はその出費を減らすことは難しそうです。この状況下で老後の資金のためにそれだけのお金を貯められるかどうか、そもそも資金運用だけでまかなえるのかどうか、知ってみたいです。

女性30代後半 punipunisharkさん 30代後半/女性 解決済み
前田 英彦 1名が回答

学費について知りたいです!

子どもの学費について、知りたいです。二人の子どもの学費について悩んでいます。現在、大学入学時に満期になる学資保険(100万円)には入っていますが、それだけでは足りないような気がしていて不安です。入学費用だけでなく、それに関わる塾の費用や受験そのものにかかる費用も準備が必要ですよね…特に知りたいのが・大学入学時に最低限必要な金額(国公立・私立それぞれ)・入学前に必要な金額(塾代・模試代・受験代など)・一人暮らしにかかる金額です。そのためには、どれくらいの額を事前に準備しておくべきか、悩んでいます。学費だけでなく、自分たちの老後の費用についても考えなくてはいけないので、どうバランスをとるべきか…アドバイスいただけると嬉しいです。

女性40代後半 yfyfさん 40代後半/女性 解決済み
小高 華子 1名が回答

副業によるお金の貯め方

正直なところ、我が家は年収こそ家内と合わせると1200万円程度。子供二人もあと数年で大学を卒業。住宅ローンはあるものの、50歳から家内と老後の資金を貯めていくには恵まれている方と思います。しかしながらこれ以上年収が増える事はなく、減る一方です。お金を貯めるにあたっては副業などを行って補填していく必要がありますが、具体的には、一般的にどの程度を毎月の目標にすれば良いのでしょうか。今もそれなりに贅沢な暮らしをしていますので、節約をすることなく、収入を増やすことを考えていきたいと考えています。それも前述の通り、本業に期待できませんから副業を大前提にして。時間もそれなりにありますので。なかなか、周囲にききにくいところでもあります。

男性40代後半 tammnoさん 40代後半/男性 解決済み
植田 英三郎 1名が回答