e-Taxでの確定申告について

男性50代 fullsyamonさん 50代/男性 解決済み


現在、自営業で個人事業主として仕事をしている50代男性です。
毎年確定申告は行っているのですが、年に一度のことなので
毎回手順が分からなくなったりしますし、申告しに税務署や
申告会場まで出向くのも手間です。

そこで個人の確定申告であってもe-Taxを利用して電子申告できると
聞いたのでやってみようかと思っているのですが、始めるための
ハードルが高そうで心配しています。
一応パソコンは持っていてインターネット環境もあります。

e-Taxを始めるにあたって準備しなければならないことは
何なのでしょうか?
事前に税務署への申請などが必要なのでしょうか?
マイナンバーカードは必須なのでしょうか?
確定申告は出来たとして、支払いはどのようにするのでしょう?
e-Taxにした場合、紙での申請に比べてデメリットはあるのでしょうか?

1 名の専門家が回答しています

佐藤 元宣 サトウ  モトノブ
分野 税金・公的手当・給付金・補助金・助成金
40代前半    男性

全国

2021/03/09

ご質問の件について、質問が令和2年度にあったことから、令和2年度の税法に基づいた回答をしていきます。

なお、ご質問の流れを考慮し、回答順序が多少異なることをあらかじめご了承下さい。

はじめに、法改正が行われたことにより、令和2年度より質問者様のような自営業者の方で「青色申告者であること」、「会計ソフトなどを用いて会計帳簿を複式簿記で正しく記帳している人」は、etaxを利用して電子申告をすることでメリットが得られます。

具体的に、これまで青色申告特別控除として65万円適用されていた人は、etaxを利用して電子申告を行うことで、引き続き65万円の青色申告特別控除が適用されるものの、電子申告を行わず、書面で提出した場合は、55万円に引き下げられます。

先の法改正によって、所得税の基礎控除が38万円から48万円に引き上げられたため、これを踏まえると以下のようにまとめられます。

1.etaxで電子申告を行った場合:青色申告特別控除65万円+基礎控除48万円
2.確定申告書を書面提出した場合:青色申告特別控除55万円+基礎控除48万円
3.簡易な帳簿による申告を行った場合:青色申告特別控除10万円+基礎控除48万円
4.白色申告者の場合:基礎控除48万円

質問内容では、質問者様は上記1から4のどれに該当するかわかりませんが、1の方法で確定申告書を提出することで、節税対策につながり、納めるべき税金が最も少なくなります。

そのため、質問者様が青色申告者であり、会計ソフトなどを用いて会計帳簿を複式簿記で正しく記帳しているのであれば、etaxで電子申告をされることが望ましいと言えます。

上記回答を踏まえまして、以下、他のそれぞれの質問に回答をしていきます。

Q.e-Taxを始めるにあたって準備しなければならないことは何なのでしょうか?

A.e-Taxを始めるにあたって準備しなければならないことは、以下、国税庁のWEBサイトで案内をしているため、そちらを確認いただくことで足ります。

参考:国税庁 etax ご利用の流れ 個人の方
https://www.e-tax.nta.go.jp/start/index.htm

Q.事前に税務署への申請などが必要なのでしょうか?マイナンバーカードは必須なのでしょうか?

A.etaxを利用するには、大きく「マイナンバー方式」と「ID・パスワード方式」の2つに分けられ、「ID・パスワード方式」で電子申告を行う場合、税務署から「IDとパスワード」を発行してもらう必要があります。

なお、「マイナンバー方式」で電子申告を行う場合、マイナンバーカードやICカードリーダーライターが必要になりますが、特段の申請は必要ありません。

ちなみに、マイナンバーカードは必須とはならず、マイナンバーを保有しているのであれば、「マイナンバー方式」、マイナンバーカードがない場合は、「ID・パスワード方式」で行うのがスムーズと考えるとわかりやすいでしょう。

Q.確定申告は出来たとして、支払いはどのようにするのでしょう?

A.税金の納付は、これまで行ってきた方法で引き続き行うことができるほか、電子納税によっても行うことができます。

電子納税につきましては、以下、リンクを参考にしてみて下さい。

参考:国税庁 etax 電子納税
https://www.e-tax.nta.go.jp/nozei.html

Q.e-Taxにした場合、紙での申請に比べてデメリットはあるのでしょうか?

A.etaxは、手順に沿って必要事項を入力することで、簡単に確定申告書が作成できるものの、すべて作成した後に入力漏れがあるのかないのか、所得控除がしっかりと反映されているのかなどがわからない場合、時として無駄に多くの税金を納めてしまう危険性があるかもしれません。

とはいえ、時間をかけ、余裕を持って申告書の作成を行い、不明点は調べながら行うことで、書面で申告するよりもメリットの方が大きいことは確かと言えます。

なお、etaxで電子申告をする主なメリットは以下の通りです。

・確定申告をしに税務署や申告会場まで出向く手間が省かれる
・24時間いつでも作成して申告することができる
・還付金の振込が書面に比べて早い
・税金の計算間違いや記載する箇所を間違えることはない など

etaxを活用した電子申告は、一度やり方を覚えてしまうと負担が圧倒的に軽減されることになるでしょう。

おわりに

自営業者などの青色申告者の人は、今回の法改正によって、etaxを活用することで簡単に節税対策をすることができるようになりました。

一般に、節税対策と言えば、お金の支出を何かしら伴う場合が多いものの、etaxを活用した電子申告は、お金の支出を伴わないで節税対策ができるため、しっかりと活用しておきたいものです。

確定申告の時期になりますと、etaxの使い方などについて、コールセンターで聞くこともできるほか、電話などを通じて税務署でも教えてくれるため、できる限り、etaxを積極的に活用されることが質問者様にとって望ましいと言えるでしょう。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

日本での個人事業主としての税金の対策

日本では、自分で小さくても事業やビジネスをしていると、経費として様々な用途で発生した支出も落とせると聞きました。税金対策も含めて、経費を使えるようになる為に必要な売り上げと、個人事業主だからこそ、使える税金対策に関する、有益な情報があれば、聞きたいです。よろしくお願いします。どんな小さな利益でも構いません。個人の話になりますが、税金対策として、何か初心者や主婦でもできる、はじめられる事はありますか?ふるさと納税なども、非常に実はお得な税金をうまく利用した、ウィンウィンの形と伺いましたが、実際にこのように、一般市民でも簡単に出来る事を、どんどん知って、学んでいきたいです。こちらも含めご回答をよろしくお願いします!!

女性50代前半 パッツェル曜子さん 50代前半/女性 解決済み
舘野 光広 1名が回答

委託業務における経費の範囲についてお教え願います

私の友人について相談があります。友人は業務委託にて特殊車両誘導業を営んでおります。業務内容は、特殊トレーラーの前後に付いて安全運行のサポートを行うのがメインになります。仕事柄日本全国を飛び回っていまして、自宅でゆっくり出来るのは月に2,3日のようです。運行中は基本的に車中泊なのですが、仕事の都合によってはビジネスホテル等に泊まる事もあるようで、友人は宿泊費として経費計上しているようです。そこで質問なのですが、業務終了後から次の業務迄の間で宿泊待機となった場合、ホテル代は経費に計上出来るのでしょうか。例 名古屋の自宅から浜松の顧客先まで移動後、仙台市まで誘導。終了後、翌日の岩手の案件の為、岩手市内に移動後宿泊。又このような業務形態の場合、食事や衣服の洗濯費用等を経費計上することは可能でしょうか?。分かりにくい文章かと思いますが、御回答御願い致します。

男性50代前半 黒猫リン君さん 50代前半/男性 解決済み
松山 智彦 1名が回答

親から子への住宅資金の援助にかかる税金について

私は夫と二人暮らしをしている60代の主婦です。現在は夫の年金で生活をしています。子どもは二人いますが、既にそれぞれ独立して生活しています。近い将来、子供らがマンションを購入したり、自宅を建築するなどして、住居を構えることがあると思いますが、そのような時に、こどもらに幾らかのお金を援助してやろうと思っています。このような、親から子への金銭の援助は贈与税の対象になるのでしょうか?仮に贈与税の対象となるとしても、何か特例的な免税や減税のの措置があるのでしょうか?また、このようなケースに際して、何か注意することはあるのでしょうか?生前贈与の対象となって、高税率の税金を支払うことは避けたいと思いますので、よろしくご教示ください。

女性60代前半 babaaさん 60代前半/女性 解決済み
佐藤 元宣 1名が回答

ふるさと納税のメリットデメリット

私は現在専業主婦です。主人名義でふるさと納税をしたいと考えております。お得しかないと耳にしますし、お金に詳しい専門家の方などのコラムでこぞってオススメしているのをみて、とても興味が湧いています。しかし、主人がふるさと納税に納得していません。たとえお得がなくても、自分たちが今住んでいる場所に納税すべきだという考え方です。持ち家なので、一生ここに住むんだから、尚更だと言っています。確かに、税金がどんどん還元の品の良い市町村にいってしまったら、この先日本はどうなるんだろう?と漠然と考えるようになりました。家計管理やお金のことについて知りたいと思い、SNSで発信されている方をチェックしているのですが、こちらもふるさと納税をオススメしているがほとんどでした。事情はそれぞれ違うので、家族で話し合うことが1番だと思うのですが、自分たちが生活する上でのデメリットはあるのか、あれば教えて頂きたいです。

女性30代前半 kokoa-12さん 30代前半/女性 解決済み
山本 昌義 1名が回答

土地の相続税について

はじめまして、私は30歳の専業主婦です。今回は、私の両親が現在住んでいる一軒家の相続税について質問させてください。私の両親は現在どちらも60代で、一戸建てに住んでいます。築年数は30年経過しています。ですので、両親の死後はもう古い建物ですから取り壊しになるかと思いますが、取り壊した後は結構広めの土地が残ります。平米数はちょっとわかりませんが、結構広めの庭があります。相続税というのは、土地に対してもかかるものなのでしょうか?また、土地を売ったりするにしても、両親が生きている間に娘である私に名義を変更しておかないと、名義の違う土地を売ることは出来なくなってしまうのでしょうか?ご回答よろしくお願いします。

女性30代前半 kaori.0524さん 30代前半/女性 解決済み
松山 智彦 1名が回答