FIREを目指すための資産運用とは?

男性30代 @ッキーさん 30代/男性 解決済み

去年YouTubeで資産運用の動画を見たことがきっかけで、投資信託を始めました。
私は30代で、共働きの妻と2人の幼稚園に通う子供と4人で生活しています。
私も妻も正社員として働いており、世帯年収は約1000万円です。
数ヶ月前にFIREという考え方を知り、それからは早期に仕事をリタイアするためにはどんな資産運用が必要か日々悩んでいるところです。
すでに私と妻それぞれで積み立てNISAを活用しているほか、子ども2人のジュニアNISA口座も開設済みです。
そして、溜まっていた数百万円の貯金を投資信託の資金に回している状況です。
こちらの方針としては、ハイリスクハイリターンのものには手を出したくありません。ただ、少しでも早くリタイアしたいというところで、今行っている方法以外にも何かいい資産運用のやり方はないかと探しております。
ぜひお知恵を貸して下さい。

1 名の専門家が回答しています

山本 昌義 ヤマモト マサヨシ
分野 お金の貯め方全般
40代前半    男性

全国

2021/03/17

こんにちは、婚活FP山本です。まずはご質問の前に、今後のお金の基本についてお伝えします。まずお子様の教育費は、幼稚園から大卒までの合計で1400万円ほど必要です。仮に今後16年で平均的に準備するとすれば一年あたり約88万円、月々7万円ほど、2人分で月14万円ほど貯金が必要になります。また先般、老後資金2000万円問題が騒がれましたが、実際には一般的に倍の4000万円程度、あなた様世帯は年収が少し高いので5000万円ほど見ておきたいところです。これを60歳までの約27年で準備するとすれば一年あたり約185万円、月々15万円ほど貯金が必要になります。つまりあなた様の場合、少なくとも教育費と老後資金で月29万円ほど貯金が必要です。単純に投資をするなら、これを下回る金額で効率的に準備できるのですが、早期リタイヤを目指すなら話は変わってきます。しかしまずはこのような基本について、しっかり知っておきましょう。

そのうえで、ご質問についてお伝えします。まず簡単にいえば、投資による早期リタイヤの基本は「運用益で生活費+αを稼ぐ」ことです。つまり生活費が高いほどに多くの運用益、ひいては投資元本が必要になります。このため、まずはなるべく節約が必要です。また早期リタイヤは「いつリタイヤしたいか」が重要であり、早いほどにハイリスクや多くの元手が必要になり、遅いほどにローリスクかつ少ない元手で達成できることになります。参考例を挙げると、仮に年500万円の生活費が必要で、これを4%運用で稼ぎたいなら元手は1億2500万円必要になり、1億2500万円を50歳までに同じく4%運用で稼ぐとすれば一年あたり約527万円、月々44万円ほど元手が必要な計算です。これを基準に、リタイヤ後に欲しい生活費やリタイヤ時期、取るべきリスクなどを少し考えてみましょう。なお、どこまでいっても投資のリスクとリターンは等しい関係なので、ローリスクハイリターンな投資は存在しません。リスクを抑えるのか、早くリタイヤするのか…じっくり方向性を練りましょう。

少し補足させて頂きます。投資信託とNISA以外の投資手段としては、手始めに「iDeCo(個人型確定拠出年金)」あたりが良いかもしれません。また投資に慣れてきたら「個別の株式投資」、その後は「不動産投資」なども候補になりえます。…ただし、投資に回したお金はしばらく引き出せない(引き出さない)のが基本です。上記の教育費や緊急資金などは分けておく必要があります。また、分散投資は大切ですが、より良い投資対象というのは往々にしてリターンが大きい代わりにリスクも大きいです。投資の基本を忘れることなく、投資に励んで下さいね。簡単にまとめると、仮に4%運用で年500万円の利益を前提に50歳でリタイヤするとすれば、月々44万円ほど投資が必要です。iDeCoや個別の株式投資、不動産投資なども投資候補になりえますが、リターンを求めるほどリスクも高まりますから注意が必要といえます。何より、投資金を回しにくい教育費などへの配慮も大切です。まずはしっかりとライフプランを設計し、それに合わせた計画的な投資を心がけていきましょう。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

キャッシュレス時代に得をするには?

近い将来、お金の価値は段々と下がっていき これからキャッシュレス決済、電子マネーと時代が変わりつつありますが、銀行に代わり電子ネットでの金利管理方法、ポイントでの収益のあげ方やお得な決済方法など教えて頂きたいと思います。正直、これからのお金の流れや管理、世の中の動きがどう変わってしまうのか?分からない事と金銭管理について不安もありますので 出来ればその辺りを勉強してみたいです。

女性50代前半 bochitamaさん 50代前半/女性 解決済み
吉野 裕一 1名が回答

2人家族ですが、預金額が引き継げるのか?

2人家族ですが、この情勢でいつ死ぬかわからない状況です。お互いの遺産を引き継ぐことが出来るのか心配です。ある程度の財産がどこにあって、パスワードとかも大体認識しているのですが、いざ1人になったら、間違いなく気が動転することは間違いありません。生前贈与みたいな制度があって、見える化ができるといいので、弁護士なりに相談したいのですが、それだけのお金を掛けことは正直もったいない気持ちでいます。なのでファイナンシャルプランナーを活用して、色々とご教授願いたいです。現在低収入のため、かつかつの状況なので、コロナ感染にかかわらず警戒しています。郵便局だと融通が利かないと利いていたので、融通が利く銀行にすべて預けていいものか確認したいです

男性50代前半 ton_aznableさん 50代前半/男性 解決済み
植田 英三郎 1名が回答

消費税が苦しいです

最近消費税が上がりとても苦しいです。私はまだ両親がいて私も一緒に暮らしています。だから私は十分にお金がある、というわけではなくフリーランスで働いているけれど収入が低く年収は20万円前後、母のお小遣いも貰いながら貯金と生活費に私は使っています。私は不安障害という病気を持ち精神科で通院していて、障害手帳3級を貰っています。交通費の面は考慮されるものの歯医者、皮膚科、泌尿器科などあちこち体も悪くなりやすい私は医療費がとてもかかります。さらに最近の消費税の値上がりにより1円というお金を前より大切に感じています。私達のように障害年金もなく正社員で働けず、コミュニケーションが苦手な人は貯金はどうしているのか分かりますか?ちなみに貯金は少しずつ積み重ねてもうすぐ貯金が600万円になろうとしています。これからどういうお金の貯め方がいいのか気になります。

女性30代後半 zuxidyu7さん 30代後半/女性 解決済み
キムラ ミキ 1名が回答

住宅ローン、教育費、老後を踏まえた貯金の方法

40代半ばの主婦です。2歳の子供がいます。再来年に住宅を購入したいと考えております。40代半ばですが、貯金はあまりありません。年齢を考えるとローンを組むギリギリのところであること、引っ越しを繰り返したりせず、住むところを一定にして落ち着きたいというのが住宅購入の理由です、しかし、子どもの教育費や住宅購入、自分たちの老後費用と今後考えられる費用は多額です。そんな中でどのようにしたら貯金をしつつ、多岐にわたる支払いをしていけるのか、そもそもこの状況で住宅購入をしつつ、貯金をするということが可能なのかお伺いしたいです。今は私は専業主婦です。夫の仕事が忙しいので、共働きは難しいと思っています。すでに携帯は格安のものに変えています。この年齢での住宅購入は無謀でしょうか。しかし賃貸住宅に住んだとしても、30年間家賃を支払うのと住宅の費用は変わらないと思うので、三人暮らしで無理のない範囲の住宅を購入したいと思っています。

女性40代後半 moriyamayumieさん 40代後半/女性 解決済み
上山 由紀子 1名が回答

給与天引きについて

給与天引きをしすぎるのか、しすぎないのかと言う点で非常に気になっている内容としまして、私は、いつもお給料が入ってきましたら、ほとんど手元に残らない形で、お給料を使い果たしてしまう形となります。お給料を使い果たしてしまう状況としまして、やはり、食欲や外食に趣味に散財してしまう形となりまして、お金について上手く使うことができていない状況であると思います。そのような私のような者につきましては、上手く貯金をする方法としまして、やはり、定期的に貯蓄をしていく方法としまして、給与天引きが一番合理的な方法であるのでしょうか?給与天引きにつきましては、様々な点でお伺いしたい内容がありますので、最も合理的な給与天引きの割合を教えて欲しいと考えております。

男性30代後半 souma1016さん 30代後半/男性 解決済み
佐藤 元宣 1名が回答