自営業の老後について

女性30代 agave87さん 30代/女性 解決済み

現在30代。主人は自営業で約1000万、私はパートで120万円程の年収があります。私のパート先では事業所の保険等に入る事が出来ず、主人と同じ国民保険に加入しています。
金額的には貰っている方だとは思いますが、それでも出費がとても多く現状は厳しいです。
住宅ローンや生活費、税金関係、各種保険等の支払いで、毎月貯金ができません。
現状を打破する為、私の転職も考えていますが子供が小さくすぐには難しいです。
個人年金も検討しましたが、現状ではそこまで捻出できるお金の余裕が無く困っています。
この先40代になれば介護保険が追加され、子供達も大きくなり今よりもお金が必要になってきます。
このままでは貯金もままならず、自分達の老後が心配です。
自営業の人が老後の為にできる、何か対策や制度があれば教えていただきたいです。

1 名の専門家が回答しています

山口 雅史 ヤマグチ マサフミ
分野 老後のお金全般
50代前半    男性

兵庫県 岡山県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県

2021/04/19

自営業者の人は会社員の厚生年金のような年金の2階部分がないため、老後の資産形成に不安を抱える人は少なくありません。しかし、自営業のための資産形成があります。
1.小規模企業共済
2.国民年金基金
3.個人型確定拠出年金(iDeCo)   です。

1.小規模企業共済は小規模企業の役員や個人事業主の退職金制度になります。掛け金は全額所得控除になります。金額の上限は7万円になりますが、自分で設定できます。債券中心の運用なので、利回りは低くなりますが、税制上のメリットは大きいと思います。

2.国民年金基金は自営業者のための厚生年金のイメージです。国民年基金連合会が運営しています。年齢上限がありますが、こちらも掛け金は全額所得控除となり、上限は月額ベースで6万8000円です。利回りは決して高くありませんが、年金としてもらえる額の予想ができるので使いやすい制度となっています。

3.個人型確定拠出年金はイデコと呼ばれる制度で、自身で運用方法を決定して運用する制度です。国民年金基金と同じく国民年金基金連合会が運営しています。掛け金上限等は年金基金と一緒ですが、両制度合算額の上限が月額ベースで6万8000円で会社員より多くなっています。掛け金は所得控除になります。運用を株式投資信託にすると高利回りも期待できますが、元本保証ではありません。

上記の制度を上手く活用すれば、所得控除による税制優遇を受けながら資産を形成できると思います。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

49歳で老後の資金がとにかく心配です

49歳女性です。老後の資金がとにかく心配です。年金をもらえるまでまだ16年もあるし、自分が受け取るときにまた支給年齢が上がっていたらどうしようかと思います。今はアルバイトをしながら布製品を作ってはネットで販売しています。アルバイトなのでボーナスもでないし、退職金もでないようです。今から正規の仕事を探すには体力的にもしんどいです。といってもアルバイトをしなければ生活していけないし、老後といわれる年齢になったときに貯金ができているかどうかも心配です。主人は会社の経営者なので退職金はないし、貯金するのにも今回のウイルス禍で打撃を受けていて大変です。どうやっていったら老後の資金のめどがつくようになるでしょうか。

女性50代前半 kumahon5544さん 50代前半/女性 解決済み
吉野 裕一 1名が回答

不安定な仕事をしています

私は作家活動をしており、ネットで執筆や楽曲制作、動画制作のご依頼を請けて活動しています。しかし、新型コロナウィルスが流行し始めてからは、それらの仕事は不要不急とみなされることが多くなり、より一層不安定なものとなりました。サンプリングなどの派遣のアルバイトをしていましたが、親が基礎疾患者であり、高熱が出て検査を受けるたびに怖い思いになるので外に出て働くのがためらわれます。国の制度もあまり信頼できず、自分や家族の身は自分で守らなければと思うのですが、使える制度の幅が非常に狭いのだと思うと不安定です。結婚などをするつもりはありませんが、一人で何とか老後も生きていく術やおすすめのお金の稼ぎ方を教えて頂けますと幸いです、

女性30代前半 soupさん 30代前半/女性 解決済み
植田 英三郎 1名が回答

本当に必要な金額は?

少し前に「老後の資金は2000万円」と言われていました。その頃から老後に対して不安が大きくなってきました。今は田舎に住んでいて、子どもの進学を考えると、どうしても子どもは独り暮らしになります。その学費&生活費×2となると、子どもの教育費だけでかなりの金額になってしまいます。その上、自分達の老後の資金を貯めるとなると、何をどうしたらいいのか検討もつきません。今やっている財形貯蓄と定額貯金は教育資金、そして家のローンもまだ10年くらい残っています。老後に本当に必要な金額ってどのくらいなのだろう、一年単位でいいので、目安となるものがきっちり分かるといいなぁとおもっています。健康ならばずっと働こうかと考えていますが、必要経費が知りたいです。

女性40代前半 wakasanさん 40代前半/女性 解決済み
梅川 ひろみ 1名が回答

老後のお金がかなかなり心配です。

老後にかなりお金が必要になるということを聞いて心配です。その一番の理由が若いうちにどれだけお金を貯める事ができるかというのがあってかなり心配だからです。サラリーマンとは違って自営業なのでいつも安定して稼げるという感じでもないのでどこまでお金を貯める事が可能になるか不安です。自営業をしていて収入が不安定な時はどのようにして老後のお金を貯めていけば良いでしょうか。現状なかなか老後に備えてお金を貯めるのが難しいように感じています。どういう方法があるか具体的に教えてもらえるとありがたいです。それとも老後に備えてお金を貯めるのは諦めるしかないのでしょうか。何か良い知恵があったら教えてください。可能なら若いうちにお金をそれなりに貯めたいです。

男性40代前半 hysq77さん 40代前半/男性 解決済み
吉野 裕一 1名が回答

老後の生活のお金について

私はいま44歳で無職です、持病悪化のため39歳の時に退職し、以後療養中です。現在は、貯金と障害年金で生活しています。できれば働きたいと考えていますが、病状がよくならず主治医からも許可が出ない状況です。現在は両親が健在ですが、両親がいなくなり私が60歳を超えたときの金銭不安が出てきました。持っている財産は貯金のみです。今すぐ貯金がなくなるような状況ではありませんが、老後の金銭不安が強いです。特に、これから働けたとしても、老後にもらえる年金は微々たるものなのだろうと悲観的に考えています。そこで、もし、老後に仕事がなくなり貯金もなくなった場合に、どうしたらいいのか教えていただきたく思います。あわせて、いまからできる資産運用のようなものができればあれば教えていただきたいです。運用に回せるお金は月に5000円程度とわずかです。

男性40代後半 kurakusuさん 40代後半/男性 解決済み
中村 真里子 1名が回答