老後の資金作り

ani5さん 40代/女性 解決済み

老後、ゆとりのある生活を送るためには実際にはいくら必要なのでしょうか。3000万は必要などということも聞いたことがありますが、住む場所やライフスタイルによって違うはずで、自分の望む生活をするには具体的にいくら準備する必要があるのか。そのためには今から決して多くない収入の中でどのように老後の資金を捻出することができるのかを知りたいです。自分では何を基準に考えていったらいいのかすら分かりません。子供も小さく、これからの教育費なども想定して、後で慌てることのないよう、できる限りの資金づくりをしていきたいと思っています。ゆとりある老後生活を送るために今からマネープランを立てていきたいのですが、どこにどう相談すればよいのでしょうか。

4 名の専門家が回答しています

植田 英三郎 ウエダ エイザブロウ
老後のお金全般
70代後半    男性

大阪府 兵庫県 奈良県

2021/03/21

老後の生活費としてゆとりあると感じるのは36万円程度という調査結果があります。(生命保険文化センター)総務省の調査データで
は高齢者夫婦の平均生活費は26-7万円になっています。高齢者夫婦の収入は年金がほぼ全額の世帯も多いので、65歳から70歳でいくらの貯蓄があるかということになります。モデル世帯(夫厚生年金・妻国民年金)の場合は年金収入は約22万円、夫妻共に厚生年金の場合は28万円~30万円になると思われます。モデル世帯では月12万円の不足ですから、30年間で4300万円、W厚生年金の場合で約2900万円の不足になります。夫が退職金や退職年金がある場合は、2000万円~2500万円がありますので、不足額は貯金や個人年金次第になります。
ただ、ゆとりと感じるのは個人の考え方次第です。また、住む住居エリアによって生活費は大きく変えることはできるのではないでしょうか。
夫婦の価値観に合う暮らし方で、あまり無理をしないでたのしく過ごすのがお薦めですが、夫婦2人で仕事をして世帯の収入を増やし、収入の1割から2割は積み立てるのはいかがでしょうか。定期預金では利息が付きませんから、リスク分散を考えながら、つみたてNISAやiDeCoなどで運用をはかるのがひとつの方法です。相談先は本サイトにもあるのではないでしょうか。

荒井 美亜 アライ ミア
老後のお金全般
40代前半    女性

埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

2021/03/22

こんにちは。ご質問ありがとうございます。

一般的に、老後の夫婦2人が、ゆとりある生活を送ろうとすると
毎月36万円は必要というデータがございます。(生命保険文化センター調べ)

仮に、老後を「65歳から85歳までの20年間」と考えた場合
36万円 × 12カ月 × 20年間 = 8,640万円の生活費が必要になるということです。
実際は、ご家族の退職金や厚生年金、国民年金でまかなえる部分もあるので、不足する分をどうやって準備するかが問題になるでしょう。

いただいた質問だけでは、質問者様の詳しい状況がわかりかねますので、一度ファイナンシャルプランナーに相談なさるのをおすすめします。
無料で受けられる相談といたしましては、日本FP協会が行っている無料相談がございます。
1回30分までとなりますが、電話もしくは対面で相談ができるので、問題点の洗い出しにお使いいただけるはずです。

また、本サービス「MoneQ」上においても、お住まいの近くでの相談に応じているファイナンシャルプランナーを探し、個別相談の申し込みができます。
相場は1時間5,000円から10,000円程度です。
ご検討ください。

お役に立てれば幸いです。

齋藤 岳志 サイトウ タケシ
老後のお金全般
40代前半    男性

東京都 神奈川県

2021/05/08

ani5さん、はじめまして。
ご相談内容、拝読させて頂きました。

老後までには2000万円とか3000万円とか準備しないと
いけないというニュースを耳にされたりすると、ご不安になられる
お気持ち、良く分かります。

また、お子様の教育費もこれからかかられる中で、自分の将来の
備えも並行して行っていかないといけないというお気持ちも、
大変良く分かります。

そこで、考え方の1つとして、お聞きいただければと思います。

今の収入の中で、どのように備えをしていけば良いかに関してですが、
例えば、手取り収入の10%などのように、「割合」を決めて、積立などを
行っていかれるのが良いのではないか、と感じます。

例えば、手取りが30万円でいらっしゃれば、3万円は将来のための備え
として考えて、残りの27万円の中で、生活費や教育費の準備をしていく
というようなイメージです。

どのくらい必要になってくるのかは、 ani5さんが、どのように過ごして
いきたいというイメージを持たれているかによっても異なってきます。

一例として、平均で言われている金額をここではお伝えしますが、
老後ご夫婦2人での平均的な生活費は約26万円前後という調査結果が
出ています。

ただ、これは支出のみを考えた部分で、収入の見込みも考える必要が
あります。

老後のメインとなってくる収入、それは、公的年金です。

それを知るのに、もってこいの国からの手紙が年に一度届いていますが、
ご覧になられていますか?

それは、「ねんきん定期便」です。

ねんきん定期便には、50歳未満の方には、これまでの加入実績に応じた
65歳から受け取れる見込み金額が記載されています。

50歳以上になると、今のまま年金保険料を払い続けたら、65歳から
いくらもらえるかの見込み金額が書かれています。

ani5さんは、現在50歳未満でいらっしゃると思いますので、実際に
65歳からいくらくらいもらえるのか、に関しては、「ねんきんネット」
を登録して、活用されることが良いかと思います。

これは、登録をすると、ネット上で、これからの働き方や給与などを
入力して、年金のもらえる見込み金額のシミュレーションができたり
するサイトです。

例えばですが、ご夫婦おふたりで、シミュレーションの結果、受け取れる
年金額が、月額20万円だったとします。

支出は、先ほどの26万円だとすると、毎月▲6万円、年間▲72万円です。

老後を、仮に30年と考えると、▲72×30=▲2,160万円、これが、準備に
必要な金額となってくる、というイメージです。

ただ、退職金などがあれば、その分は差し引いて考えられますし、
仮に毎月6万円を20年間、年利3%で運用できれば、20年後には、
ほぼ近い金額まで貯められるイメージにもなります。
もしかしたら、相続などで、譲り受けられる資産などもあるかも
しれません。

将来をご心配されるお気持ちは良く分かりますが、今できることから、
少しずつ取り組まれ、コツコツと継続されることこそが、一番の
ご不安の解消になるかと思います。

以上、少しでもご参考になれば幸いです。

齋藤 岳志 サイトウ タケシ
老後のお金全般
40代前半    男性

東京都 神奈川県

2021/05/08

ani5さん、はじめまして。
ご相談内容、拝読させて頂きました。

老後までには2000万円とか3000万円とか準備しないと
いけないというニュースを耳にされたりすると、ご不安になられる
お気持ち、良く分かります。

また、お子様の教育費もこれからかかられる中で、自分の将来の
備えも並行して行っていかないといけないというお気持ちも、
大変良く分かります。

そこで、考え方の1つとして、お聞きいただければと思います。

今の収入の中で、どのように備えをしていけば良いかに関してですが、
例えば、手取り収入の10%などのように、「割合」を決めて、積立などを
行っていかれるのが良いのではないか、と感じます。

例えば、手取りが30万円でいらっしゃれば、3万円は将来のための備え
として考えて、残りの27万円の中で、生活費や教育費の準備をしていく
というようなイメージです。

どのくらい必要になってくるのかは、 ani5さんが、どのように過ごして
いきたいというイメージを持たれているかによっても異なってきます。

一例として、平均で言われている金額をここではお伝えしますが、
老後ご夫婦2人での平均的な生活費は約26万円前後という調査結果が
出ています。

ただ、これは支出のみを考えた部分で、収入の見込みも考える必要が
あります。

老後のメインとなってくる収入、それは、公的年金です。

それを知るのに、もってこいの国からの手紙が年に一度届いていますが、
ご覧になられていますか?

それは、「ねんきん定期便」です。

ねんきん定期便には、50歳未満の方には、これまでの加入実績に応じた
65歳から受け取れる見込み金額が記載されています。

50歳以上になると、今のまま年金保険料を払い続けたら、65歳から
いくらもらえるかの見込み金額が書かれています。

ani5さんは、現在50歳未満でいらっしゃると思いますので、実際に
65歳からいくらくらいもらえるのか、に関しては、「ねんきんネット」
を登録して、活用されることが良いかと思います。

これは、登録をすると、ネット上で、これからの働き方や給与などを
入力して、年金のもらえる見込み金額のシミュレーションができたり
するサイトです。

例えばですが、ご夫婦おふたりで、シミュレーションの結果、受け取れる
年金額が、月額20万円だったとします。

支出は、先ほどの26万円だとすると、毎月▲6万円、年間▲72万円です。

老後を、仮に30年と考えると、▲72×30=▲2,160万円、これが、準備に
必要な金額となってくる、というイメージです。

ただ、退職金などがあれば、その分は差し引いて考えられますし、
仮に毎月6万円を20年間、年利3%で運用できれば、20年後には、
ほぼ近い金額まで貯められるイメージにもなります。
もしかしたら、相続などで、譲り受けられる資産などもあるかも
しれません。

将来をご心配されるお気持ちは良く分かりますが、今できることから、
少しずつ取り組まれ、コツコツと継続されることこそが、一番の
ご不安の解消になるかと思います。

以上、少しでもご参考になれば幸いです。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

老後の生活のための資産運用について

自分たちの老後について、定年退職は70歳になる可能性があると思っています。70歳を超えてから、生活資金をやりくりするうえで、早い段階である程度の資金を貯めて資産運用を行い、生活資金を確保しなければならないと考えていますが、この場合の試算運用について、どういった商品が有用か、教えていただきたいです。「株式投資」や、「投資信託」「外貨預金」等、様々な商品がありますが、それぞれのメリット、デメリットについて十分な理解ができていないので、機会を設けて自分でも勉強していかなければならないと思っています。あまりハイリスク、ハイリターンの商品は望んでいないのですが、投資を行う以上、ある程度のリスクを負うことは了承しなければなないことも認識しています。専門家の立場でご教授いただけましたら幸いです。

hirokki3さん 40代前半/男性 解決済み
1名が回答

安心できる老後生活はどうすればよいか

現在40歳です。転勤族で有り私は正社員にはなかなかなれません。老後は悠々自適に過ごしたいと思っています。それまでには子どもの学費の工面など今後お金はかかる一方だと思うので、いろいろ考えながら生活しておりますが、おすすめの老後の生活費用の備え方を知りたいです。

天然水さん 40代前半/女性 未解決
2名が回答

老後に夫が亡くなった場合の年金について

老後に夫が亡くなった場合に、私の年金だけで生活できなくなった場合は生活保護が受けられるのでしょうか?私は専業主婦なので将来もらえるお金もごくわずかです。夫は会社員なので、そこそこ年金をもらえそうですが、夫が先に亡くなった場合が不安です。夫と私の年金を合わせれば生活はなんとかやっていけそうですが、私だけの年金では全然生活していけそうにないです。夫が先に亡くなった場合、私はきっと年金だけで生活できません。その場合、生活保護をもらって生活していくことはできるのでしょうか?また生活保護をもらう場合は毎月いくらくらいもらえるのでしょうか?私が先に亡くなる場合は大丈夫ですが、夫が先に亡くなる場合が困ります。こういった人は私以外にもたくさんいると思うのですが、みんなどうやって生活しているのでしょうか?アドバイスよろしくお願い致します。

pinochan12さん 40代前半/女性 未解決
2名が回答

定年後に実際はいくらお金が必要なのか?

老後は2000万円必要という話が話題になりましたが、実際の所いくら必要なのかは大変興味があります。もちろん家族構成に大きく左右されるとは思うのですが、大体の目安があると、これからどのくらいのペースで貯蓄をすべきかなどの目安として使用できます。更にいうと、その目安を考える際に何を要素として考えるべきかも不明です。家族構成は何となく要素としてわかりますが、その他にはどのような要素があるのか? 退職金制度の種類や年金の加入状況、持ち家かどうかなど漠然としたものはありますが、専門家からのきちんと体系化された意見をぜひ伺いたいと思います。その際に是非お伺いしたいのは、年金との兼ね合いです。そもそもいくら貰えそうなのかがわからなければ、こちらも動きようがありません。年金の基本的な知識を説明していただいた上で、プラスαの知識をいただきたいです。

marco611さん 30代後半/男性 解決済み
1名が回答

定年後に年金で生活していけるのか心配です。

私は40歳過ぎの会社員で、あと20年もすれば定年になります。現在は家のローンや子供の教育費などがかさみ、まともに貯金ができていない状態です。これから子供2人を大学に行かせるとなると、ますます生活が厳しくなるのではないかと思っています。そんな中で私が定年を迎えた場合、そのあとちゃんと生活していけるのかが心配です。おそらく会社から退職金や年金がもらえるようにはなるでしょう。しかし私の勤めている会社から多額の退職金は全く期待できないですし、年金はこれからますます高齢化社会になっていくため、わずかな額しかもらえないと言われています。そんな状況でどのように老後を過ごしていけばよいか教えていただきたいです。

victory94009さん 40代後半/男性 解決済み
1名が回答