老後のための資産形成。迷う私に助言が欲しいです

女性30代 0rengeさん 30代/女性 解決済み

老後のための資産形成がとても不安です。子どもの教育費用もこれからどんどんかかります。また、親の介護等でもお金が必要になってきます。若いうちから少しずつ、老後のための資産形成をしていきたいと思っているところです。なかなか何から始めていけばいいのか分からず、困っています。貯蓄だけでなく、投資にもお金を回した方がいいな。と思います。ですが、投資についての知識がなく、考えているだけになってしまっています。。

3 名の専門家が回答しています

吉野 裕一 ヨシノ ユウイチ
分野 老後のお金全般
50代前半    男性

島根県 岡山県 広島県 山口県

2021/05/06

0renge様、ご質問ありがとうございます

今、日本でも貯蓄から投資へと、個人の投資を促すように動いています。

iDeCoやNISAは、個人の資産形成を進めるための税制優遇制度で、iDeCoは老後資金のための制度で、NISAは目的は決まっていない制度となります。

資産運用と聞くと怖いものと思われる方が非常に多いのですが、投資は基本とルールを守れば怖いものではありません。

貯蓄は見た目では減らないので安全と思われる方も多いのですが、お金の価値は常に変動していて、少しずつ目減りしています。

ですので、10年後に見た目の額面では減っていなくても、物価の上昇などで、欲しいものに10年前のお金では足りなくて、他のところからお金を回さなくてはいけないという事もあります。

10年以上先の事でお金を貯めるのであれば、貯蓄ではなく、iDeCoやNISAを活用した資産運用を行われる事をお勧めします。

老後も人生100年時代と言われる時代となり、働かなくなっても生活をしていく期間が長くなってしまい、その為の準備も必要となってくる時代です。しっかりと資産形成を行ってください。

舘野 光広 タテノ ミツヒロ
分野 老後のお金全般
60代後半    男性

全国

2021/05/08

ご質問ありがとうございます。
埼玉県のブレイン・トータル・プランナーの舘野です。

老後の資産形成も大切ですが、お子様の教育費の負担を避けて通るわけにはいきません。基本的には、高校までは無償化となっていますが、校外学習費の負担はありますから、毎月最低でも3万円は負担となるでしょう。また、大学進学となれば、年間で授業料は200万円近くかかりますから、奨学金等の援助を受けない限り、準備しておかなければならない資金となります。

更に、老後資金につきましては、ご夫婦で就労している場合と、ご主人様だけの場合とで年金計画に大きな差があり、後者の場合には65歳以降に、ゆとりある老後を過ごす場合には、最低でも3,000万円は必要となります。当然に個々の生活費によって大きく変化しますが、人生100年計画から判断した場合には、さほど大きな開きはございません。

従いまして、老後資金を推進している、積立NISAやiDeCoによる税制優遇制度を活用なされて下さい。但し、iDeCoは専業主婦に対する所得税に関する特典がありませんからご注意願います。

投資の基本は「長期、積立、分散」ですから、目的が定かの資金であれば、目先に利回りに惑わされず、国内であれば1.5%、国外であれば3.5%程度を上限とした利回りで計画され、安定した投資による資産運用を行うことをお忘れなきようにお願い致します。

齋藤 岳志 サイトウ タケシ
分野 老後のお金全般
40代後半    男性

東京都 神奈川県

2021/05/08

0rengeさん、はじめまして。
ご相談内容、拝読させて頂きました。

親御様とお子様、それぞれにこれからお金がかかって
くる予定があり、ご自分のことが後回しになってしまう
ことへのご不安なお気持ちでいらっしゃることとお察し
致します。

少しずつ老後に向けた資産形成もしたい、と思う方も
いらっしゃいますが、具体的な行動に移されている方も
まだまだ多くはないので、その点で、0rengeさんは、他の
方よりも、一歩先に踏み出されていらっしゃると感じます。
ぜひ、応援させて下さい!

現状の、家計のやりくりのご状況やご様子などが分かりかね
ますので、一般論みたいなお話になります点は、ご容赦下さい。

貯蓄以外で、投資など、資産運用、資産形成を少しずつでも
ということであれば、最初は「税制の優遇制度のある資産形成」
から始められることが良いと私は感じております。

制度的な名前で申し上げますと「イデコ」や「つみたてNISA」です。

老後にスポットをあてて、60歳までは、絶対に引き出さずにコツコツ
備えていくお金に関しては「イデコ」、途中引き出しをするかもしれない
点で、教育資金や介護資金にも使うかもしれない、中長期的な備えで
あれば「つみたてNISA」という使い分けが良いのではないか、と
私は感じております。

どちらの制度を利用するにしても、毎月一定額ずつを継続して行う
ことで、中長期的な資産形成に貢献できる内容の制度です。

イメージでお伝えしますと、雪だるまが最初は小さいけれど、
転がしている内に雪だるまがどんどん膨らんでいく、そんな
イメージが積立投資の複利運用、という内容になります。

毎月ご無理のない金額を、イデコとかつみたてNISAに向けて
頂くのが良いとは思いますが、いくらが良いかのイメージが
分かりにくければ、例えば「貯蓄とイデコとつみたてNISA」
に充てる金額を、毎月の手取り収入の10~15%と割合を最初に
決めてしまうのが良いと思います。

例えば、毎月の手取りが30万円であれば、3万円~4.5万円を
備えに回し、残りの金額で生活をやりくりされる、という
ルールを決めてしまう、というイメージです。

もし3万円と決めたとしたら、例えばですが、
貯蓄1万円、イデコ1万円、つみたてNISA1万円
というように、内訳を決めるというように考えていかれると、
今の段階から、少しずつでも、長期的な資産形成を
無理なくスタートできるのではないか、と私は感じます。

以上、少しでもご参考になれば幸いです。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

老後のお金のことを考えると、不安です。

老後、貯金がないとどうなりますか? 老後も賃貸か一戸建て、またはマンションを購入するべきか悩んでいます。 夫婦と子供の2人暮らしです。 収入が月30万と少なく子供がいるため、今後どれほど貯金が出来るか分かりません。シミュレーションはしていますが、子供にかかる費用が未知の領域です。最低限、子供に望むことをさせてあげられる範囲はあります。皆さんは老後に必要な額を考えて、残りは子供に掛けられるお金で様々なことさせてあげていますよね? 他の方で、収入の大半を子供に注ぎ、老後が不安な方を見て、我が家はどうしたらと思い質問しています。 本当は大学に行く時に奨学金を利用させたくないと考えていました。老後、主人の厚生年金額を考えると少ない年金で恐らく、一生、賃貸暮らしの我が家は上手くいかない気がします。 子供が独立した後は田舎での賃貸暮らしを考えていました。65歳までにお金をある程度貯めて、田舎で中古マンションや中古の家を購入が良いだろうか?と考えていますが、その時の貯金額が1000万以上あるか分かりません。今の貯金額は1000万以上ありますが、夫婦の収入が少ないので、今後の貯金はあまり期待出来ません。なので貯金切り崩し生活になるかもしれません。お金がない老人夫婦はどうなるのでしょうか? 生活保護を受給している人の生活もどうなのか分かりません。老朽化した家に暮らしても満足な食事はできる程度でしょうか?病気になったときは最低限通えるレベルなのか?お金のことを考えるとお先真っ暗な気分で質問しました。

男性20代後半 calove301さん 20代後半/男性 解決済み
吉野 裕一 1名が回答

自営業の老後について

現在30代。主人は自営業で約1000万、私はパートで120万円程の年収があります。私のパート先では事業所の保険等に入る事が出来ず、主人と同じ国民保険に加入しています。金額的には貰っている方だとは思いますが、それでも出費がとても多く現状は厳しいです。住宅ローンや生活費、税金関係、各種保険等の支払いで、毎月貯金ができません。現状を打破する為、私の転職も考えていますが子供が小さくすぐには難しいです。個人年金も検討しましたが、現状ではそこまで捻出できるお金の余裕が無く困っています。この先40代になれば介護保険が追加され、子供達も大きくなり今よりもお金が必要になってきます。このままでは貯金もままならず、自分達の老後が心配です。自営業の人が老後の為にできる、何か対策や制度があれば教えていただきたいです。

女性30代後半 agave87さん 30代後半/女性 解決済み
山口 雅史 1名が回答

子供には頼りたくない。1人で生きていく為には

私には子供が3人います。1人は成人しておりますがあと2人は学生です。現在母子家庭です。成人した子は家にお金を入れてくれていたのですが、特に上の子は今までお金の苦労を長い間させてきたので、今はもらうのをやめました。将来子供達には自由にさせてやりたく私の面倒を見させるなんで嫌だと考えております。でも実際子供に世話にならないように1人暮らすにはいくらくらい必要なのかピンときません。現在40代で定年が65歳なのですが働かなくなってから無理なく暮らせるには今のうちにいくら位蓄えていれば良いのでしょうか。もちろん健康である状態の場合でですが。大体の金額でも知っておき今のうちに蓄えておきたいと思っております。

女性40代前半 soramiisinn3ninnさん 40代前半/女性 解決済み
吉野 裕一 1名が回答

老後の蓄え

現在、妻と子供3人の5人家族になります。私も妻も40代になっております。子供は4、3、0歳になります。子供がまだ小さいものなので、これからどれだけお金がかかって、老後に向けてどれだけ蓄えておかなければならないかが想定できていません。3人もいると毎日が賑やかではありますが、今後のことを考えると心配にもなります。義務教育の間はそれほどお金もかからないのかも知れませんが、大学まで行くとどうなるとか、その時には定年近くになっても来ますし。またIT業界に勤めていますが、昨今のIT業界の退職金なんて10000万なんて絶対行かないですし。健康なうちは妻と働くつもりではいるのですが、具体的な目標数字がわかってないまま闇雲に頑張っているような状況です。はっきりした数字目標とか年ごとの目標値とかが明確になっていた方が良いのですがどう計算したら良いかがわかりません。

男性40代前半 ちまださん 40代前半/男性 解決済み
山本 昌義 古戸 賢一 2名が回答

100年時代と老後2000万円についての相談

こんにちは。30代の会社員です。老後についての相談があります。今では100歳まで生きる世の中と言われていますし、老後に2000万円足りないかもしれないという問題の事もあるので実際にどれくらいあれば足りるのか心配に思っています。貯蓄としては銀行に預けるだけでは金利は雀の涙程度ですので、投資をしないといけないと思うのですが、それだけ先まで生きる事を考えるとコロナショックやリーマンショックの様な下落に巻き込まれることを考えてしまって中々手が出せないでいます。一番問題なく老後を安心して暮らすためには、今からどの様に資産運用をしていけば良いか、教えて頂けますと幸いです。これからの人生においてのヒント程度でも良いので、何卒宜しくお願いいたします。

男性30代後半 はるるんさん 30代後半/男性 解決済み
吉野 裕一 1名が回答