少しずつでも積み立てることでメリットがある運用方法

女性30代 srmさん 30代/女性 解決済み

現在29歳ですが将来的に年金は受給できないと踏んでおります。
そのために老後を見据えた資産形成、貯蓄をしたいと考えていますが多岐に渡りすぎて本当に信頼できる方法というのがなかなかわかりません。
何をとっても手堅い、と思えるものがないため、困っています。
一度にたくさん一攫千金!というわけではなく、ほんと少しずつでも積み立てることでメリットがある運用方法などが知りたいです。

2 名の専門家が回答しています

中村 真里子 ナカムラ マリコ
分野 貯金・預金・定期預金・外貨預金・積立
60代前半    女性

京都府 大阪府 兵庫県 奈良県

2021/07/20

こんにちは。
ご質問ありがとうございます。

少しずつでも積み立てることでメリットがある運用方法をと
お書きですので「投資信託」をお勧めしたいと思います。

「投資信託」とは複数の投資家から集めた資金をまとめ、
運用の専門家(ファンドマネージャー)が株式や債券などに
投資、運用し利益を投資家に還元するという金融商品です。

「投資信託」は一括でまとまったお金で買うことも可能ですが、
少額から積み立てていくこともできます。
「ネット証券」の中には毎月100円から積み立てできるところもあります。

老後を見据えた資産形成ということであれば
「iDeCo」を利用されるのもよいと思います。
「iDeCo」とは個人型確定拠出年金のことをいいます。
ご自分で口座を開設され、毎月掛金を拠出され60歳まで積み立てを続けます。
「iDeCo」の中で買える商品としましては「投資信託」や「定期預金」などがあります。

「iDeCo」のメリットは「節税できる」ということになります。
掛金は全額「所得控除」になりますし、出た利益に対しても普通であれば
20.315%の税金がかかりますが、「iDeCo」であれば非課税です。
受け取る際にも控除があります。

一方「iDeCo」は手数料がかかりますし、
60歳までお金を引き出すことはできません。
相談者様はまだ29歳の方ですので
これら「iDeCo 」の特性をお知りになり
少額から60歳まで「投資信託」を積み立てていかれるのは
いかがでしょうか。
くれぐれも現在の生活に影響を及ぼさない程度の金額から
始められるのがよいと考えます。

参考にしていただければ幸いです。

山口 雅史 ヤマグチ マサフミ
分野 貯金・預金・定期預金・外貨預金・積立
50代後半    男性

兵庫県 岡山県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県

2021/07/20

資産形成をメインで考える場合、株式投資信託の積立がベターと考えます。

長期で運用する対象は資産価値のあるものでなければなりません。FXや仮想通貨、コモディティなど人気や需給関係がメインで値動きするものは避けるべきです。人気がなくなる、需要がなくなった時点で価値がゼロとなる可能性があるからです。
資産(Asset)とは「それを保有することにより、将来のキャッシュフロー収入を得ることができる」ものです。FXや仮想通貨は所有しているだけでは金利等のキャッシュフローを得ることはできません。また、資産とされるものは現在価値の計算ができます。現在価値が計算できなければ、割高・割安の判断ができません。つまり、割安だから買われる、割高だから売られるといった行動は起きません。この点で判断すると、債券や不動産、株式は資産と言えます。
また、過度なレバレッジの効いた運用も控えるべきです。その点ではREITでの運用は限定されるべきです。

株式の資産価値の基本は1株あたり利益です。この部分を増やすことが企業、特に上場企業の命題です。個々の企業が成長することが経済の成長につながります。各国の成長が世界の成長につながり、最終的には人間の幸福につながります。人間が幸福になりたいという欲・技術革新が株価上昇の原動力と言えます。
1990年から現在までの過去30年間、世界株式インデックスは年率換算で6.6%となっています。この期間の人間に幸せをもたらした大きな技術革新の一つが携帯電話です。アマゾンやアップルの登場も携帯電話がなければなかったと言えます。つまり、携帯電話の普及が年率6.6%の収益をもたらしたと言えます。今後もカーボンニュートラルや自動運転、AIや医療技術の進歩など多くの技術革新があり得ます。これからはこれらが株価を押し上げる力になると考えられます。しかし、どの国のどの企業がリードするかわかりません。そのため、個別株ではなく投資信託というパッケージが有効と考えられます。

言い換えると、株式に投資することは世界中の幸福を手伝ことです。
金額にかかわらず、長期で株式投資信託を積み立てることは、収益だけでなく多くのメリットがあると考えます。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

海外の通貨を日本で使用する場合の方法

海外と日本を仕事で頻繁に行き来して仕事をしております。主な収入は海外での仕事からが多く、海外の銀行にユーロで振り込まれています。日本でも銀行口座はありますが、円での収入は海外での仕事に比べて10分の1にも満たない為、残額も(20万弱)少なくなっています。日本への帰国時に、滞在時に必要な分だけユーロを、日本の銀行で円に両替し口座に入れておりますが、両替時のコミッションも少なくはない為、日本で海外の銀行口座からカードで引き出し使用するのがよいのか(こちらも、引き出す際にかなりのコミッションが取られます)、または、日本の口座に一度一定額(100万ほど)を入金し、外貨積み立てをするのが良いのか、どのような形で、日本でユーロを使用するのが一番損をしないのかを知りたいと思っています。年に3-4回は行き来をしてる為、コミッションも馬鹿になりません。よい方法があればアドバイスお願いします。

女性50代前半 Marialenさん 50代前半/女性 解決済み
舘野 光広 1名が回答

ローンの返済数が多いのが一番の悩みです

今現在、貯金がほぼ無い状態なので打開したいと悩んでます。私が考える理由としては、まず月の支払いが多く、収入額と支出額がほぼ同じという事です。レジでのキャッシュレス化がほぼ主流になりつつあるので、月のうち現金は使っても5000円程で、他は全てキャッシュレス決済で翌月引き落としにしています。ポイントの還元が大きいので、正直キャッシュレス決済を辞めるつもりはないのでここは据え置く予定です。生命保険は家族全員分見直して、親戚の付き合いという事もあって無駄にかけていた部分があったので、プランの見直しをしてもらいました。今の1番の悩みはローン返済数が多い事です。車が時期をずらして壊れていってしまったので、多重ローン状態で、これを1つにまとめるべきなのか、そのままの方がよいのかなど、金利の面もある為正直よく分からず手がつけれていない状態です。

女性30代前半 musukuさん 30代前半/女性 解決済み
佐藤 元宣 1名が回答

節約を頑張っていますが、貯金が増えません

現在子供が全員小学生以下なのですが、生活がカツカツでなかなか貯金を増やすことができません。児童手当だけは何とか手を付けずに全額とってあるのですが、それ以上の貯蓄ができていない状況です。各種の節約法(格安SIMを使う、選択や炊飯等をオール電化の夜間電力の間にまとめて行う、新車ではなく中古車を購入する)を行なったり、可能な限りクレジットカードやバーコード決済で支払いをしてポイントを貯める、日常生活で必要なものはなるべく楽天のセールで購入してポイントを貯める、貯めたポイントは投資信託の購入に充てるなどの対策をとっていますが、収入が増える見通しがなく途方にくれています。何か追加でできる対策はないものでしょうか。

男性40代後半 stagbeetle75さん 40代後半/男性 解決済み
松山 智彦 1名が回答

ローリスクの投資について勉強したい

同居の母親の年金と自分自身の障害者年金で生活しています。障害年金は2級を受給しており、治療中で体調を優先しなければならないのでフルタイムで仕事をすることができません。在宅ワークで内職程度の収入しかなく、貯蓄に回せる額も限られているので老後のことが不安です。今、まだ、母親が元気なのですが、母に入院や介護が必要になったりした場合のことを考えると、その時点で生活がままならなくなります。母の介護も他に頼れる人がないので、自分自身が体調を崩してしまうという不安もあります。何とか貯蓄額を増やして、将来に不安のない資産形成をしたいと考えるのですが、具体的にどんな風に投資を始めたらよいか暗中模索の状態です。ローリスクの投資について勉強したいと思います。

女性50代後半 bisshopさん 50代後半/女性 解決済み
中村 真里子 1名が回答

老後資金にはいくら必要ですか

子供がまだ小学生なので、大学を卒業するまであと10数年あります。教育費は私達が負担するつもりです。夫婦はともに40代前半です。夫の転勤に伴い、私は退職したので現在は専業主婦です。お金を増やすためにはどのようなことを始めれば良いか、ファイナンシャルプランナーに相談したいと常々考えていました。ただ、安心して相談できるファイナンシャルプランナーをどのようにして見つければ良いか分かりません。お金のコンサルティングをしていただくにあたって、自分に合ったファイナンシャルプランナーを見つけるコツをお伺いしたいです。相談したいことはいくつかあるのですが、まずは我が家の家計がこのままで良いのかという点についてお聞きしたいです。貯蓄すべき金額と、使っても良い金額が自分ではうまく把握できていないように感じるからです。また、子供がまだ小学生ですので、この先何度か家計を見直す必要があるかと思います。どのようなタイミングで家計を見直すべきなのか、どのくらいの頻度で見直すべきなのか、プロのご意見を伺いたいです。

女性40代前半 cobcob149さん 40代前半/女性 解決済み
松村 勝宜 1名が回答