子供の教育費用や老後資産などのため、今ある余剰資産を運用したい

女性30代 ぽんぽこさん 30代/女性 解決済み

29歳、東京都在住の女性です。
私も夫も働いており、今までコツコツと貯蓄をしてきています。
現在、私と夫の個人の貯金、及び家族全体の貯金として、合計3000万円ほどあり、全て普通預金口座に入れている状態です。
また、今後も共働きを続けていく予定です。
私も夫も退職金はない会社で働いており、idecoを月々1万円ほどかけています。
また、今後5000万円以下の家を購入したいと考えております。
子供は公立小中高校、四年生大学までの教育資金を用意したいと思っています。
上記を踏まえて、今ある余剰資産を運用したいと思っているのですが、子供の教育費用や老後資産なども加味して、どのような資産運用をしていけばいいのか教えてください。

1 名の専門家が回答しています

松村 勝宜 マツムラ カツノリ
分野 株式投資・NISA・投資信託・ETF・REIT
40代後半    男性

全国

2021/09/23

まだお若いにもかかわらず、現時点での家計全体の預金が3,000万円というのは、一般的には極めて大きいと言えます。

おそらくご夫婦のいずれかまたは両者の収入が多く、かつ浪費などはなさらず金銭面で堅実に暮らしておられるものとお察しいたします。

もちろん子どもさんが成長されるにつれて出費も増えていくことは想定されますが、運用によって無理して増やそうとされないことが、いちばんの資産運用だと言えるのではないでしょうか。

具体的に、ご相談内容をふまえてまず申し上げたいのは、住まいを購入される際には、できる限り多く住宅ローンを組まれることです。

言い換えれば、できる限りキャッシュを手元に残しておかれることを意識してください。

ちなみに借り入れは、長期(35年)のローンで、全期間の固定金利を選択されることが基本です。

住宅ローンほど、好条件で資金調達できるローンはありません。

もし子どもさんの教育費などが足りなくなり、教育ローンや奨学金(という名の学生ローン)などを利用する羽目になったとしたら、資産運用的には不利になってしまいます。

なお、株式等の金融商品を用いて運用したいということであれば、「どのような運用をしていけばいいのか」ではなく、「何に投資をしたいのか」と意思を込めて主体的にお考えになることが大切です。

iDeCoの活用は悪いことではありませんが、掛金の運用先にはこだわっておられますか?

運用商品は十分に納得して選ばれましたか?

もしそうなら、余剰資金の運用先はご自身で決められるはずです。

iDeCoというのはあくまでも制度の一つに過ぎないのであって、制度を活用すること以上に重要なのは、何に投資するのかというご自身の意思ですから。

投資とはそもそも、より良い世の中をつくっていくために行うものです。

手放したお金が世の中をぐるぐると回り、社会がより豊かになっていくからこそ、結果として自分も豊かになっていけるのです。

これからも世の中になくてはならないと考える企業を丹念にリサーチして選定する、長期投資に資する本格的な投資信託を1本選び、iDeCoと同様に毎月数万円ずつ投資してコツコツと長く継続していけば、資産は時間を味方につけて、複利の威力でじっくりと加速的に増えていくことでしょう。

あくまでも金融商品を用いての資産運用は、このような投資の本質を理解された上で、ご自身の意思を込めてなさることが基本です。

間違っても、本質を理解されないままに、みんなやっているから、税金がおトクそうだからなどという理由だけで始めることだけはお控えください。

ご相談者さまはすでに、一定の資産をお持ちでいらっしゃるのですから。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

老後2000万円の貯金があれば生活できるのか

将来の老後のお金について、貯めている貯金だけで不安があります。そのため、貯金以外のお金の資産運用について大変関心があります。今現在のペースで貯金を進めていくと、60歳までには2000万円程は貯まるとは想定していますが、その金額だけで老後のお金は大丈夫だろうか心配しています。今、私自身が興味があるのが積み立てNISAです。積み立てNISAは年間40万円を20年間運用していくという管理であるというのは知りましたが、どのような投資銘柄を選べばよいのか非常に悩んでいます。

女性30代後半 moon26rightさん 30代後半/女性 解決済み
小松 康之 山口 雅史 2名が回答

一括投資か分割投資かで悩んでいます

現在29歳で1000万円の預金があります。預金ばかりしていても増えないので、預金のうちの2〜3割を全世界株あるいは米国株のインデックス投資信託で長期運用することを考えています。この場合、200〜300万を一気に投信に変えてしまうのがいいのか、数年に渡り分散して積立投資した方がいいのか迷っています。一括投資の場合はハイリスクではあるものの運用期間が長く取れるので最終的なリターンは大きくなる、一方分割投資の場合は一部資産の運用期間が短くなるのでリターンは小さくなるもののドルコスト平均法によりリスクは軽減できる…というような理解をしているのですが、合っていますでしょうか?また、合っていたとして一括と分割どちらを選ぶべきか決めきれません。ちなみに上記以外の資産運用としては昨年よりつみたてNISA限度いっぱいを活用する形で全世界株インデックス投資信託を毎月買っております。

男性30代前半 dassuさん 30代前半/男性 解決済み
中村 真里子 1名が回答

今後、生活環境が変わるに当たって必要となるお金の貯め方

今は、子供も小学校低学年と幼稚園なのでお金は習い事にかけるくらいで、そこまでかかっておません。この先、子供たちが大きくなればなるほど、お金が必要となってくると思います。そのために、私も今後パートを始めよえと思っていますが、生活環境が変われば子供たちにも心身ともに変化がでてくると思います。子供たちは体が弱く、休むことや早退も時々ある状況で心配です。そう上手くはいかないとは思いますが、フルタイムで働いて稼げるくらいのお金を、パートタイムで稼いだお金を運用して得ることは出来るのでしょうか。損はできるだけしたくないので、主婦でも着実に増やせる安全な方法があれば、教えてほしいです。

女性30代後半 ラッキーさん 30代後半/女性 解決済み
吉野 裕一 1名が回答

日本株4.3倍ブルという投資信託について教えて

私は30代半ばの年齢の会社員で、妻と小学生の子供が1人います。年収は800万円で、賃貸マンションで生活しています。現在は不景気で将来の生活に不安を感じますし、これからは子供の教育費などの支出が増えていきますから、資産運用によって金融資産を増やしたいと考えています。そして、さまざまな金融商品を調べたところ、「日本株4.3倍ブル」という投資信託があることを知りました。日経平均株価の値動きに対して4.3倍の値動きをするようです。実際、今年の3月に日経平均株価は16000円台まで下がり、12月上旬時点で26000円台をつけていますが、この期間「日本株4.3倍ブル」は価格が約3.5倍となっています。一方「日本株4.3倍ブル」の値動きについて理解できない点もあります。この投資信託の価格が、いまだに2018年秋頃の水準を超えることができていないのです。日経平均株価は、当然、2018年秋の水準を超えています。そこで相談なのですが、この「日本株4.3倍ブル」という投資信託の値動きの仕組みについて教えてください。メリットが感じられれば、少しの金額だけでも投資を開始したいと思っています。

男性30代後半 tokiyori875さん 30代後半/男性 解決済み
山口 雅史 1名が回答

お金に働いてもらう大切さ

私は現在投資信託を購入しています。NISA枠は違うところで利用している為ないのですが、一般買付・つみたてとどちらも運用しています。一般買付についてはだいたい毎回10万円ほど購入し、10%以上の利回りが出た際に売却しています。つみたての方も一度10%の利回りが出た際に一部解約をしました。一般買付の方は自分の希望の利回りで運用できた時に解約するという今までの私の方法は合っていると思うのですが、つみたてに関しては今後もずっと置いていた方がいいのか、それとも希望利回りでの運用になった際に一部解約などをし、一般買付に回したりするのがいいのかがわからず悩んでいます。どのように運用するのが1番いいのでしょうか?

女性20代後半 sorachim0412さん 20代後半/女性 解決済み
山口 雅史 1名が回答