株式投資・NISA・投資信託・ETF・REIT

男性30代 olive002さん 30代/男性 解決済み

株式投資など資産運用にチャレンジしているが、なかなか運用利回りが高まらず物足りなさを感じている。もっと利回りの高い運用にチャレンジしたいが、リスクが隣り合わせになるので、腰が引けてしまう。どのくらいの運用利回りを想定して行くのが良いのかを知りたい。また運用利回りが何パーセントを越えると、非常に高いと感じるのかをしりたい。また世界の運用の成功者はどのくらいの運用利回りを実現しているのかをしりたいと思う。最初の資産運用の運転資金が最低どの程度必要なのかを知りたい。少額でもはじめられると言われているが、運用の上昇インパクトが低くモチベーションを保てないとも感じてしまう。運用のモチベーション維持の方法も知りたい。

1 名の専門家が回答しています

松村 勝宜 マツムラ カツノリ
分野 株式投資・NISA・投資信託・ETF・REIT
40代後半    男性

全国

2021/03/09

フランスの経済学者・ピケティが数百年以上も過去にさかのぼって様々な国や地域の記録を調べたところ、資産から生み出される収益率は、過去のどの年代においても、概ね4~5%の範囲内に収まることを突き止めました。
もちろん資産の種類はその時代によって異なり、大昔は「農地」などの土地が主な資産でしたし、歴史上のある時点においては「奴隷」が資産である時代もありました。現代では、ご相談者さまも取り組まれている「株式」などの金融資産が主流でありますので、株式に投資されていること自体は一定水準の収益を得るための最善策だと考えます。
ですから、1つ目のご質問の、どのくらいの運用利回りを想定すればよいのかにつきましては、過去の歴史にならって4~5%を目安にされればよいのではないでしょうか。
2つ目のご質問の、非常に高いと感じる利回りにつきましては、あくまでもご自身の状況に合わせた主観的なものであり、絶対的な指標があるわけではございません。ちなみに私は、上記の5%を超えると高いかなと感じますので、超えているときはそろそろ下がるだろうなと思うようにしています。
3つ目のご質問の、世界の運用の成功者の利回りについてですが、アメリカの著名投資家・バフェットを例に挙げると、1965年から2015年までの約50年間に、複利で年率平均約21%のリターンを挙げています。
4つ目のご質問の、資産運用開始時に最低どのくらいの資金が必要かということに関しましては、良いかどうかは別として、毎月100円から積み立て投資ができる証券会社もありますし、お釣りやポイントで投資できてしまう金融機関も出てきています。しかし、あまりにも少ない金額ではどんなにバフェット並みの投資成果を挙げられたとしても、なかなか大きな資産にはなりませんよね。
ですから、特に決まった金額があるわけではないのですが、毎月最低1万円くらい、可能であれば収入の10%ほどを資産に回していかれれば、十分ではないかと思います。ご相談者さまは独身とのことですので、もう少し増やしてもよいかもしれませんね。
5つ目のご質問は、モチベーション維持の方法を知りたいとのことですね。しかし、このご質問は不可解です。なぜなら、もし株式投資を趣味の一環として余裕資金で楽しみのためになさっているのであれば、やりたくなければやめればよいだけの話ですから。一方で、遊びではなく着実な資産形成の手段として取り組まれているのであれば、「気にしない」というのが最良の方法です。
ではどうすれば気にならなくなるのかというと、本業のお仕事に一所懸命取り組むことに尽きます。
「資産」には「金融資産」と「人的資産」があります。一般的に、年齢を重ねるほど金融資産は増えていきますが、人的資産は若いときが最大です。ご相談者さまがこれから定年まで働かれると、今後の生涯収入が1億、2億を超えることは十分に現実的な数字ですが、これを金融資産で貯めようと思っても簡単なことではないですもんね。
ですから、本業の収入を増やすことを考える方が、資産形成には最も近道です。本業に集中し、資産運用は積み立て投資の仕組みだけ設定しておいて、ほったらかしにしておくことが最善です。
そのためには、投資信託(ファンド)を通じて株式をコツコツ購入していけばよいだけです。
そもそも投資の目的とは、財産づくりとより良い世の中づくりの両方を目指すこと。本業を通じて社会課題を解決し、より明るい未来を実現するために欠かせない企業を丹念にリサーチして投資先企業を選定している、長期での投資に資する本格的なファンドを選ぶ手間さえ惜しまなければ、何も心配することなく、時間を味方につけて資産は複利で大きく増えていくでしょう。
ご相談者さまは、まだ30代前半という若さ。例えば今すぐ毎月3万円の積み立て投資を開始し、30年間コツコツと継続されれば、年率平均5%の複利で回る場合、投資元本の1,080万円(3万円×12か月×30年)は、税金を差し引いても倍以上に増えますよ。
株式投資の「お勉強」をやりすぎると、本業がおろそかになって、長期的には資産を減らしていくことにもなりかねません。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

投資商品の売却時

個人で株の売買や投資信託を行っているものです。このところの日本経済の日経平均株価の上昇などで、一部利益が上がっている株や投資信託があるのですが、その投資商品の売り時についてアドバイスをいただきたいと思っています。利益の出ている商品をこのままずっと放置していると、今度は暴落する心配があります。そこで利益確定させるために売りに出すと、そこからさらに上がってしまった。とか、まだまだ上がるだろうと思って持ち続けていると、今度は暴落して損をしてしまったなどと言うことは非常によくあることだと聞いています。私のような個人で投資を行っている素人だからこそ、株や投資信託の売り時としての目安を持っておきたいと思っているのですが、どういう風に売り時を決めたらよいのかをアドバイスいただきたいです。

男性50代後半 win777getさん 50代後半/男性 解決済み
山口 雅史 1名が回答

資産運用はどのように始めればいい?

貯金をするだけではなく、効率的に将来のことも考えて資産を運用していきたい。ただあまり金融商品や株式のことを知らないため、やりたい・学んでいきたいと思っているが勇気とやる気が出ずに手を出せずにいるので、どう始めたら良いのかを知りたい。また毎月とボーナスの支払いがあったときになんとなく貯金はしているものの目標をなく貯金をしているので、月によってもボーナスも変動するのであまりプラン立てて貯金もできていない。今後結婚を予定しているので、結婚をしたら考えなきゃいけないこと、子どもも欲しいけどちゃんとお金を考えながらプランしたい、など将来のこともどう考えながら、そして資金運用ができるのか、いろいろな視点から学んで見たいのでファイナンシャルプランナーからの視点を聞いてみたい。

女性20代後半 Smallpoolさん 20代後半/女性 解決済み
小松 康之 1名が回答

株式投資・NISA・投資信託・ETF・REIT

今年から老後や大きな買い物をするために資産運用として株式投資をしています。ネット証券で口座を開設して積立ニーサでも運用しています。初めは、高配当株の個別株を3社買いましたが、後々調べてみると分散が足りないと思われます。最低でも10社以上に分散投資をした方が良いと聞くのですが個別株に10社は資金がかなりかかるので厳しいです。そこで投資信託を現在メインに購入しています。現在は株式が80パーセント債権10パーセントとリートに10パーセントの配分でポートフォリオを組んでいるのですがハイリスクですか?若いうちは、リスクを取って株式をメインに考えています。また、日本のリートはポートフォリオに入れても大丈夫でしょうか?

男性30代前半 Naoki ITOさん 30代前半/男性 解決済み
山口 雅史 1名が回答