老後にもらえる年金について

女性20代 ドリームネットシステムズさん 20代/女性 解決済み

今は年々払う年金額は上がっているのに、貰える金額は少なくなっています。
おそらく、私が老後年金を貰える頃にはまったく年金が貰えなくなっているか、貰える条件がかなり厳しくなっていると思います。
国の、この詐欺にも近い行為が許されるのはなぜなのでしょうか?
老後に、絶対に生活に支障が出ないだけの金額を貰える保証はあるのでしょうか?
将来、年金が貰えないのであれば、今年金を払っているのが馬鹿馬鹿しくてなりません。
国はそれだけの責任を分かっているのでしょうか?
法律的にはどうなっているのでしょうか?
将来もし年金がまともに貰えないとなった場合、国を訴えて勝てる可能性はあるのでしょうか?
このままいくと、老後、年金だけで生活できるだけの金額を貰えるとは思えません。

2 名の専門家が回答しています

松村 勝宜 マツムラ カツノリ
分野 年金・個人年金・iDeco
40代後半    男性

全国

2021/03/19

日本の公的年金は、現役世代の負担する保険料が、受給者世代への年金給付金の原資になる「世代間扶養」を基本としています。まずはこのことをご理解ください。
具体的には、受給者全員分の年金を合計すると1年間で60兆円ほどになります。そのほとんどが、その年に働いている人が支払った年金保険料でまかなわれているのです(一部に積立金と税金が使われています)。
ご指摘の、年金保険料の支払額は上がっているのに、受け取れる年金額は少なくなっていくというのは、単に、年金を受け取る高齢者数が増え、年金保険料を支払う働き手が減っていくからです。
私は、昭和49年生まれの「団塊ジュニア」世代で、全国に同級生が200万人います。平成6年生まれのご相談者さまの同級生は、120万人程度でしょう。令和に入って1年間に生まれる子どもの数は、100万人を下回っています。
団塊ジュニアの私が高齢者になるまで高齢者の数は増えていきますが、少子化に歯止めがかからないため、未来の働き手は(外国からの移民が激増しない限り)増える兆しがありません。しかも出生率が多少上がっても、出産適齢期の女性の数自体が今後も当面減り続けるため、出生数が増えないのです。
ですから、年金制度を維持するためには、これからも年金保険料を増やして受け取り額を減らさざるを得ないのは当たり前のことです。許されるも何も、「詐欺にも近い行為」というのは言いがかりでしかありません。言っても仕方がないことです。
「絶対に生活に支障が出ないだけの金額」は人によって異なりますから、それを保証するという考え方自体が成り立ちません。
「金を払っているのが馬鹿馬鹿しくてなりません」といって本当に支払わなければ、ご相談者さまご自身の生活がもっと苦しいものになりますし、何よりも真面目に支払っている人にしわ寄せがいきますので、ちゃんと支払ってください。「自分さえよければいい」という考えはやめましょう。
働き手が一人でもいれば、年金がゼロになることはありませんから。ご相談者さまが老齢年金を受給されるころになっても、そのときの働き手は、今より減るといっても一人どころか数千万人単位でいるでしょう。
国は年金制度の仕組みを理解していますので、「それだけの責任」をわかっているはずです。
法律的には上述した通りです。
「国を訴えて勝てる可能性」があるのかどうかはともかく、その行為に何を期待されているのでしょうか。ラッキーにも勝訴し、年金受給額が倍増することになったとしても、その代わりに年金保険料の支払額も3倍増ほどになるでしょう。
「このままいくと、老後、年金だけで生活できるだけの金額を貰えるとは思えません」ではなくて、それはわかりきったことなのです。
だからこそ、心配しなくてもよいのです。なぜなら、今から対策すればよいだけのことですから。
ご相談者さまは、まだ20代でいらっしゃるようです。できる限り収入を増やす努力をして、その一部をコツコツと積み立てていきさえすれば、時間を味方につけて、老後には大きな資産となっているはずです。
他者(国)に責任を転嫁するのではなく、まずは自分でできることを考えて、行動していきましょう。
一人ひとりの集合体が、国を形づくるのですから。

舘野 光広 タテノ ミツヒロ
分野 年金・個人年金・iDeco
60代前半    男性

全国

2021/03/19

御相談ありがとうございます。
確かに、平成29年版厚生労働白書の年金支給額の推移を見ますと、年老齢基礎年金では、2004年で66,208円、2017年では64,941円であり13年間で2%減少しています。同じく、老齢厚生年金(夫婦の基礎年金+夫の厚生年金)では、2004年で233,299円、2017年では221,277円と5%減少しています。そして、65歳以上の受給者を見ますと、年齢が若い人ほど支給額は減少していますので、現在、20代の方が受給できる時には大幅に減額されるとか、もしくは受給年齢が75歳以上となると疑念を抱くことも理解出来ます。減少の理由は年金制度が賦課方式で保たれており、現役世代が現在の支給年金を負担しているため、年金の受給対象者の増加(少子高齢化)が要因となっています。従いまして、その都度国民年金法等の改正を行い調整をしています。しかし、財源の不足は国が負担しているので、債務残高はすでに1000兆円を超え「孫のポケットに手を突っ込んで年寄りを助けている」などと比喩する方もいます。
他に懸念されているのが、日本の債務残高は年間のGDPに対して2.5倍に達しており、主要先進国の中で最も高い水準にあります。このように見ますと、年金が破綻するような誤解が生まれていますが、国が破綻しない限りは年金が破綻し、支給されないことはないでしょう。但し、生産性の維持と緩やかなインフレが必要となりますから、経済活動が継続的に活発にならなければなりません。このように考えてゆきますと、高齢者の人口は2047年でピークを迎え、その後は減少するとの予測から、生産性を維持するための人口も維持しなければ、年金の賦課方式が維持できませんから、少子化が問題となっているのです。将来を憂いて保険料の未払いや滞納は本末転倒ですから、法律的な議論よりも経済活動が順調に維持され、成長してゆくことに関心を持たれてはいかがでしょうか。隣国では生産性の高さから高度な経済成長を背景に日本に対する圧力が強まっています。将来の生活維持を国が保障するにはそれだけの財源が必要となりますので、消費税や所得税などの増税策も見据えておかねばなりません。しかし、税収を増やすことは経済活動との均衡を保つことが難しくもあります。従いまして、現時点でも高齢者の生活費と年金額には不足が伴っている状況ですから、20代や30代の方は、早めに老後資金に関心を持たれ、対応を進めておかねばなりません。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

IDECOの運用方法

自分がいくつになっても老後って全くイメージがつきません。生活するだけなら今もそれなりにできているけど、働くという点では年を取ればとるほど、雇用されにくくなったり自分の体にガタが来て辛いものがあると思います。だからこそ、若いうちに貯金が必要で年金制度も頼りにならないので、投資関係をはじめようと考えています。今、考えているのは私的年金という感じの呼ばれ方をしているIDECOに注目しています。引き出すのが60歳になってからなど、国民全員が加入する年金制度と似た要素を含んでいますが、投資の部類なので損失が気になるところです。そこで、IDECOを運用するための不動産の運用株式の運用の基礎を知って運用方法を自分で考えたいと思います。まずはその基礎が知りたいです。

女性30代前半 あふろもなかさん 30代前半/女性 解決済み
吉野 裕一 1名が回答

年金はもらえるのかについて

今、第3号として扶養家族にいますが、老後に満額年金をもらえるのか不安です。独身時代に働いていて納めていた税金額も年金定期便で見たりしていますが、本当にもらえるのか不安です。年金をあてにするよりはしっかり地道に貯金をした方がよいのかも気になります。現在、子供の教育費に関しての貯金が精一杯で、正直自分たちの老後に関しての貯金はしていない状況です。その中でも、少しでも老後に残す年金について表などにまとめてもらえると助かります。よろしくお願いいたします。自分自身、年金についてもまだ先の話かと思っているふしもあるので今後の老後に向けての貯金額がとれほどあれば安定した生活が送れるのか目安もわかれば大変助かります。                                                                    

女性40代前半 itamuchanさん 40代前半/女性 解決済み
山本 昌義 1名が回答

海外暮らしが長かった為、貰える年金額が非常に少ないのが不安。

外国人の配偶者と海外で暮らしていましたが、コロナ禍で、観光業に携わっていた夫も私も収入が激減し、生活が苦しくなり日本へ移住しました。日本語は少ししか話せない夫は、正社員の仕事が見つからず週に2-3日のアルバイトをし、私がパートで何とか生計を立てている感じです。日本に移住することは全く考えていなかった為、国民年金は払っていませんでした。ただ、海外在住期間は免除期間になるのと、日本で5年ほど会社員をしていた時期があるので、合計10年を超えれば(合算して30年は超える予定です)年金は支払われるとは言われております。しかし、支払われてもかなり低い額に違いわなく、移住した昨年度は、収入がなかったので年金は免除となり国保だけの支払いでした。今年は収入が発生したので、年金も支払いが発生するはずですが、毎月、夫婦で3万円近くの年金を払うのはかなり大変です。夫婦ともに50代で、また、以前住んでいた国は観光大国なので、コロナ感染が収束し、観光業が再び盛んになれば、また戻る可能性もゼロではありません。今後、年金を払い続けるべきなのかどうか非常に悩んでします。

女性50代前半 マリンさん 50代前半/女性 解決済み
小黒 尚幸 1名が回答

主婦だと年金が少ない?

現在20代後半で夫の扶養に入っており、その範囲内でパートをしています。近い将来子供ができることを想定して仕事をセーブしているのですが、「将来貰える年金が少なくなってしまうので、扶養から外れて働いた方がいい」と友人にアドバイスされました。夫は会社員で年収は600万円程度、私の年収が100万円程度なので家計全体は700万程度です。このままふたり、あるいは子供が1人生まれて3人になってもなんとか暮らせる程度と個人的には感じていますが、年金については何も知らず、不安があります。このまま扶養内で仕事を継続する場合と、今から扶養から外れてフルタイムで働く場合を比べると、将来家庭全体で受け取ることが出来る年金についてどれくらい違いが出るのか知りたいです。

女性30代前半 ankou.ankoさん 30代前半/女性 解決済み
井内 義典 1名が回答

年金はどうなるのでしょうか

年金がもらえないという話は今に始まった話ではないですが、実際これから先に年金がもらえるようになる世代は年金は当てにしてはいけいないのでしょうか?最近聞くのは年金は破綻はしないが、年金の額が減っていくという話しを聞きます。また支給開始年齢もさらに遅くなるというのも聞きます。そういう流れになっていくのでしょうか。これを素直に受け入れる人は実際多いのでしょう?なんだか今の日本を見ていると生涯現役という名の永遠の奴隷を全体のコンセンサスにしようとしているように感じて不安です。コロナ騒ぎで国のやる事をすべて受け入れるという人が意外と多い事も分かったのでその点でもさらに不安に拍車がかっかってます。実際もう年金で生活はできないという認識で良いでしょうか。

女性30代後半 hyoukai76さん 30代後半/女性 解決済み
福嶋 淳裕 1名が回答