2021/06/18

子供にどのように相続したら良いか?

男性70代 きーちゃんさん 70代/男性 解決済み

教員生活40年。家庭を持ち、子供を二人儲け、家を新築し、何の心配もない人生を送ってきました。老後のことなど、全く考えることもありませんでした。そのため、贅沢三昧の生活でした。車は3年毎に買い替え、週に5回位外食し、旅行には毎年5回ほど出かけました。老後のために、貯金しようなどと考えることなどありませんでした。「まあ、何とかなるさ」と思っていました。退職金で、老後に満足な生活を送れると甘く考えていました。ところが、いざ、定年退職して年金のみの生活になると、全く余裕のない生活になりました。毎日の衣食住に精一杯で、車を買い替えよう、旅行に出かけようなんてことは以ての外でした。今、70歳です。これから、後、何年位生きるか分かりません。自宅は傷んでくるし、子供たちは独立して、それぞれ、持ち家に住んでいますので親の家など必要ないと思います。ということで、親の家を相続することなど考えていません。一体、親の家を相続させたらよいか教えていただきたいと思います。

1 名の専門家が回答しています

小島 孝治 コジマ コウジ
分野 相続・介護
50代前半    男性

全国

2021/06/23

長期間、我が国の教育に尽力いただき、ありがとうございました。

教員とのことで安定的な収入から着実に歩んでこられたことを想像します。
ご質問のような「自宅をどうするか」は多くの方が考えられつつも何もできないという方が多いのではと思います。

ただ相続される側(子供たち)にとって本当に必要でないのだとすると、一般的には相続時のトラブルの火種になりかねない状況でもあります。その他の財産状況にもよりますが、相続するために不動産を売却しなければ納税資金を捻出できない場合は、相続人が自腹で負担することにもなりかねません。もちろんこれらは実際どうなるかシミュレーションすれば判明しますので、一度現状(評価額等)を把握されてはいかがでしょうか。ただ専門家に任せるのではなくご自身でトライされることを強くお勧めします(どうしても進まない場合は専門家を探すことになりますが、関連回答等しておりますのでご確認下さいませ)。

配偶者様の状況にもよりますが、最初の相続(一次相続:ご自身か、配偶者様)前にできること、次の相続(二次相続)までにできることが多々あり、子世代にとっても喜ばれるプランは確実にあります。
またそれぞれの相続時の分割方法によっても避けられるリスクもあります。配偶者様との年齢差によっては昨年施行された「配偶者居住権」を活用する方法もあります。これらが複合的に絡み最適なプランを作っていく必要がありますので、一概にどうしたら良いかの明確な答えはありません。ただ一般的には必要とされていない不動産は、財産というよりは負債(金食い虫)になりかねませんので精神的な負担を強いることにもなりかねません。今のうちにどのようにしたいか確認されても良いかも知れません。
具体的には、現状維持・売却・賃貸化ですが、現状売却・解体更地化・リフォーム後賃貸化・駐車場化など様々です。それぞれメリットデメリットがありますので検討が必要です。現状維持される場合は、固定資産税などの維持費も考慮されると良いと思います。

こうして考えられていること自体、素晴らしいと思いますので、ぜひ積極的に子供たちと話し合う機会を持って頂くのがベストです。子供側も色々考えてはいるものの、親のためになかなか言い出せない事もあるかと思います。そういった気持ちを親側からアプローチするのは最もスムーズな解決につながります。

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

2021/03/09

子供のために残すべきか

祖父と祖母は、2人で暮らしています。誰の世話にもなりたくないと、住んでいる家を売り、貯金を使って、有料老人ホームの入居を希望しています。介護が必要になるまでは、2人で住める居住区に住み、介護が必要になったら老人ホームの方へ移れるシステムになっています。孫から見た感想は、素敵だなと思いました。今までの蓄えを使って老後を満喫できる場所に見えます。しかし、両親や親の兄弟は、お金がもったいないと反対しています。反対している割には、介護については口を閉ざします。兄弟が助け合って親を支えるという考えはないようです。実際に家を処分し、このような場所へ引っ越す人はどれくらいいるのでしょうか。蓄えや家は、子供のために残す必要はあるのでしょうか。介護と相続の関係について知りたいです。

女性20代後半 4クローバーさん 20代後半/女性 解決済み
森 拓哉 1名が回答
2021/06/29

母の介護と空き家対策

わたしの母が一人で暮らしていたのですが、認知症の症状が出て、介護施設に入ることになりました。幸いに、死んだ父の遺族年金もあり、母の年金とあわせると何とか施設に入れられそうです。それでも毎月、いくらかは赤字になるため、補填する必要があります。わたしには妹がいるので、ふたりで折半しようと思っています。問題は、誰も済まなくなった家のことです。かなり田舎にあるので、土地は広いのですが、価値としてはそんなにあるとは思えません。買い手もないので、売ろうにも売れません。この先、日本がどうなるかわからないので、土地だけでも持っていたほうが良いのでしょうか。母も思い出があるので、時々は連れて帰りたいと思っています。

男性60代前半 さやさん 60代前半/男性 解決済み
小島 孝治 1名が回答
2021/09/10

親が有する有価証券の相続対策の方法が知りたい

親が有している有価証券の額が決して低い金額ではないので、きちんと相続対策をしてもらいたいと思っています。父親は既に他界していますが母親の方が株に熱中していたこともあって有価証券の金額としては父親よりもあります。その母親も70歳を超えていますので、相続対策をきっちりしてもらいたいです。そのことを母親に相談しましたが、あまり乗る機ではありません。その理由に相続対策をどうやれば良いのか良く分からないので面倒ということを聞かされました。そこでファイナンシャルプランナーの方に相談したいのが、有価証券の相続対策としてどのようにすれば良いのか教えて頂きたいです。簡単にできる方法があれば、そのことを母親に伝えて相続対策をしてもらえるように頼みたいと思っています。

男性40代前半 ねろんさん 40代前半/男性 解決済み
小松 康之 1名が回答
2021/06/08

相続一般で準備しておいたほうがいいこと

現在、実母がサービス付き高齢者住宅で一人住まいをしています。私は3人兄弟で、介護については分担していますが、介護や相続発生後の思惑に齟齬があります。母の生活費や介護費用については、母の貯蓄で賄っていますが、近い将来我々兄弟が分担することになります。そのころには兄弟全員が高齢者の仲間入りをすることになり、自分たちの介護や生活費の心配をすることになり、経済的な不安が払しょくできません。私は、2年前に定年退職して、個人年金と貯蓄で生活しています。厚生年金を年末から、基礎年金を再来年から受給することになっていますが、母の介護費用を考えると、私と妻の生活に経済的な不安があります。今からでもできる運用なども考えることがありますが、なかなか踏み切ることができません。

男性60代前半 黒々白々さん 60代前半/男性 解決済み
水上 克朗 1名が回答
2021/03/09

不動産の相続について

<現状>父:80歳代前半、母:70歳代後半、いずれも地方都市在住・無職私:50歳半ば・会社員、弟:50歳前半・会社員、いずれも首都圏在住私と弟は首都圏に在住している会社員です。父母は地方都市に住んでいます。母が既に養護施設に入所しておりす。父母には持ち家があり、土地・家とも不動産を共同名義にしています。この場合、父母のどちらかが亡くなってしまった場合に、相続が発生しますが、共同名義になっている家や土地などの不動産はどのように処理するのが親兄弟でもめずに相続できるのでしょうか? 例えば母が亡くなってしまった場合、父はまだ現在の自宅に住み続ける必要がありますが、実家が私や弟の名義に一部なっても、困ってしまいます。

男性50代後半 pinkiri100さん 50代後半/男性 解決済み
五十嵐 秀司 1名が回答