老後の健康対策でいま必要な事

男性40代 matsuda-sさん 40代/男性 解決済み

現在40歳ですが、老後に関する悩みは沢山あります。年金はいくらもらえるのか、住宅は購入と賃貸どちらの方がよりのか、仕事は何歳まで続けられてその後の収入はどうなるのか、そしていくら必要なのか、何歳に死ぬのか、はたまた今年には死んでしまうのかなどなど。その中でも健康に関しては老後に生き方に大きく左右すると思っています。不健康であれば確実に出費は増え収入源がなくなる。そのために保険という手段があるが、正直ムダ金としか思っなく、できれば健康でいたいので今から意識はしています。ただ正直どうなるかわからないので、今意識していても老後介護が必要生活が強いられるかもしれないので、FPの観点から保険という手段以外でどうしたら良いものなのか聞いてみたい。

1 名の専門家が回答しています

小林 恵 コバヤシ ケイ
分野 年金・個人年金・iDeco
50代前半    男性

石川県 福井県

2021/03/09

>年金はいくらもらえるのか
これは「ねんきんネット」で将来貰える年金がわかります。
登録まで少々時間がかかりますが・・・
因みに私は18年間サラリーマン生活して、以後自営業で、将来貰える老齢年金は月10万ちょいです。
サラリーマンは「老齢基礎年金」部分と、上乗せ部分である「老齢厚生年金」が出るので、
65歳までサラリーマンしている人に比べると全然少ないです。
今までの経緯を考えますと、「ねんきんネット」の金額より減るというのは考えにくいです。
ただ、寿命が一貫して伸びていて、質問者様くらいの世代だとたぶん100歳くらいまで生きることになると思いますので、当然財源は細ります。だから、公費(税金)で年金を更に補填するということは考えられます。今でも老齢基礎年金の半分は公庫から出ています。
また、今は物価がほぼ上がっていない状況ですが、これからはどうなるかはわかりません年金額が同じでも物価が高くなると生活は当然苦しくなります。ある程度物価に連動して年金額は調整されるようになってはいますが・・・


>住宅は購入と賃貸どちらの方がより(得?)のか
今40歳として、賃貸に100歳まで住み続けた場合の家賃を合計してみてください。
購入した場合も固定資産税とか、マンションの場合だと管理費とかかかりますが、
それでも余程の事が無い限り購入のほうが長い目で見れば安くつくはずです。
日本人は新築物件にばかり目を向けますが、日本の空き家率は約13%です。少子高齢化で人口は増えないのに新築物件は増え続けています。地方に行くと100万円程度で古民家が買えたりします。
また、賃貸物件だと高齢になると転居しようと思っても契約できなくなる可能性があります。賃貸物件というのは住めるかどうかは大家さん次第なのです。

>仕事は何歳まで続けられてその後の収入はどうなるのか
身体が動く限りは働けると思います。
くどいようですが少子高齢化で、特に地方だと若い働き手がいません。ベトナムやネパールからの技能実習生でそれを補ってますが、これらの国が経済発展すると安い賃金で雇うことは出来なくなると思います(中国がそうです)。今までは労働力が豊富だったので経営者は従順で物覚えがいい若い人を雇いたがりましたが、もうそんなことも言ってられない状況です。地方は少子高齢化が都会より進行してますので、70代で働いている人はいっぱいいます。肉体作業だけでなくパソコンとかを使う仕事なら更に仕事出来る年齢は伸びると思います。

>そしていくら必要なのか
「生活保障に関する調査」だと、「最低限の日常生活費」で平均22.1万円、「ゆとりのある生活のための上乗せ額」が14.0万円となっていますが、バラバラです。人によって違います。家を持ってる人と家賃払わない人だと当然全然違いますし、都会と地方でも違います。「ゆとりある生活費」の中には子どもや孫への資金援助も含まれます。因みに今どれくらい生活費が必要でその内訳は把握されてますでしょうか?もし今の生活費がわからないのなら将来の生活費は当然わかりません。

>何歳に死ぬのか
それは神のみぞ知るですが、今は平均年齢が男81歳、女87歳です。そして今の80歳後半というのは「昭和ひとケタ世代」で、かつては成長期に食料事情が悪かったので早死にすると言われていた世代です。その後の世代は当然もっと長生きすることでしょう。

>その中でも健康に関しては老後に生き方に大きく左右すると思っています
知人が先日81歳で人工関節の手術を受けました。それまではびっこを引いて歩いてましたが、普通に歩けるようになりました。いわゆる疾患でなくて加齢現象でも治療すれば治る時代です。そして治療すると金がかかります。貯金で全部備えるという考え方もありますが、少子高齢化になると医療費負担はこれから増えないと思うほうが不自然です。
また、今の時代年間100万人ががんに罹ると言われていますが(コロナは2021年2月現在で感染者出てから1年近く経ちますが40万人です)、がんの原因は6割が偶発的要因(運とも言います)です。(残りが遺伝的要因と生活習慣)健康に気を付けていれば病気ケガしないというのはちょっと楽観的ではないでしょうか?自分は宝くじ当てる能力があるというのと変わりません。

さて、今から何をすべきかを書いていきます。

①金利の高い金を借りない
もしカードローンやクレジットカードのリボ払いをしているようなら、今すぐ返済に向けて動きましょう。金利15%で100万円の金を借りると10年後には元利合計で300万円を超えます。こういう生活習慣があると老後生活になる前に生活が破綻します。

②なんとなく支出を見直す
加入している保険や、通信料金とそれに含まれる各種サービス・サブスクリプションは本当に必要なものでしょうか?毎月1,000円の支出でも年間だと1.2万円、10年間で12万円になります。自動引き落としになっているものについては中々意識が向かないものです。家計見直し相談をすると大体ムダな出費で毎月自動的に払われてるものが出てきます。
また、食費や遊興費など日々の支出についても、スマホ家計簿などを使ってかならず記録してください。記録していない時と比べて確実に節約効果が出ます。人間、数字を見ると意識が変わるのです。

③お金を増やす
前述のように、バブル以降日本の物価は変わらずに来ていましたが、政府は2%のインフレターゲットを掲げています。いっぽう銀行に預けていてもお金は増えません。資産運用を考えるべきです。
特にiDeCoは積み立てたお金相当分の所得税・住民税を減らせるので資産運用で増やせなくとも効果絶大です。ただし60歳までは積み立てたお金は引き出せません。生活に支障が出ない範囲での拠出を検討してみてください。

④65歳以降の家の目途を立てる
既に家を購入されているのでしたらいいのですが、先ほども述べた通り、65歳以降も賃料が発生するようですと老後生活は厳しくなります。
65歳までにローンを完済出来るような予算で家を購入することをお勧めします。
都会にお住まいでしたら、地方移住も選択肢になると思います。地方は若者が少ないので都会では中堅でも若手のように扱われます。活躍の場はあります。ただ、年齢を重ねると順応性の問題もあり移住へのハードルは高くなります。

⑤「老後」ではなく「65歳以降のライフプラン」を考える
所謂老後の不安というのは、65歳以降の人生をひとくくりにして考えているからだと思います。
それまでは、幼年期・少年期・学生時代・就職・結婚・子育て・・・とそれなりにステージ毎に考えていたのに、65歳以降はなんとなく大変だとしか考えていないから不安になるのです。
65歳以降、何歳から何歳まで自分がどういう生き方をしたいのか(お金の前にこのことを考えられない人が非常に多いです)をまずじっくり考えましょう。その世代の人たちの話を聞けばイメージが湧きます。愚痴や昔の武勇伝語りする人が少なくないのですが・・・(これから何をすべきかを考えないと過去にしか目を向けられない老人になります。気を付けましょう)

専門家にお金の悩みを相談できます

・ 月300円(税別)

・ 毎月3回まで質問が可能

・ 最短5分で回答可能

・ 100名超の認定専門家が回答

・ 回答率99%

関連する質問

ideco始めてみたけれど、これでいいの?

老後のお金については、2000万円問題が出てから、しっかりと考えなければならない問題なんだと考えています。そのため、この年でも少しでもと思い、イデコを始めてみました。仕事も始めて夫の扶養からも抜けたため、税金を払うようになったので、少しでも節税になればとも思っています。また、これまで投資などはやったことがなかったのですが、勉強して少しでも老後資金の足しになるよう考えて動いています。イデコのお金の配分も自分で考えましたが、それでいいのか今ひとつわかりません。もちろん、正解はないと知っていますが、参考になる話があれば聞きたいです。また、年金の無駄のない貰い方など少しでも知恵を授かって、これからの生活に活かしていきたいです。

女性50代前半 chigusahiyoさん 50代前半/女性 解決済み
山口 雅史 1名が回答

医療保険でカバーできる範囲について

「医療保険」でカバーできる範囲が詳しく分からないので、教えていただきたいです。「医療保険」とは別に「がん保険」や「三大疾病保険」等がありますが、それぞれがどのように違うのか?また、それぞれのメリット、デメリットについて理解できていません。「医療保険」と「がん保険」「三大疾病保険」は一緒に入った方が良いのか?「医療保険」で「がん」や「三大疾病」は保障の対象外なのか?一部は対象なのか?詳しく知りたいです。保険会社の方に聞くことも考えましたが、逆にセールスをされそうで躊躇していました。ファイナンシャル・プランナーの方ならば、自分の現在の状況を説明した上で、第三者の立場で意見を下さると思います。どうぞよろしくお願いいたします。

男性40代後半 hirokki3さん 40代後半/男性 解決済み
松山 智彦 1名が回答

デメリットの少ない個人年金保険の選び方あれば教えて下さい。

30代なかばの兼業主婦です。老後に備えて生活資金を貯蓄する方法を探しています。今考えているのは個人年金保険です。あるとすぐに使ってしまう自分としては、個人年金保険に入ったほうが着実に貯められていいと感じています。それに多少節税対策にもなり、今の所ベストな選択肢ではないかと思っているところです。しかしこれに反対しているのが旦那で、インフレになったときに損をするのだからやめておくのが無難だと言っています。確かに保険なので多少インフレには左右されるかもしれません。ただ商品にもいろいろとタイプがあるようなので、そういったリスクの少ないものを選んで加入するという手はないのでしょうか。仮に個人年金保険加入のデメリットが大きかったとしても、何かしら老後の資金準備はしていくつもりでいるので、そういうつもりで回答頂けたらと思います。

女性30代後半 pucchi_26さん 30代後半/女性 解決済み
井内 義典 1名が回答

厚生年金がおおよそ月いくらになるか知りたい

現在40代の会社員です。大学新卒から約20年で転職を繰り返し、現在の会社で5社目です。現在の会社には約10年勤めています。給料はどこも手取りで25万円前後でした。どの会社でも厚生年金は給料から天引きされています。このまま今の会社であと20年勤めたとして、ほとんど給料は変わらないと思います。老後の貯金が2000万円は必要だとテレビなどで取り沙汰されていますが、実際のところ、この給料で厚生年金はおおよそ月いくらぐらいもらえるようになるのでしょうか?もらう年齢や手取りの幅で上下するのでしょうが、目安が知りたいです。その上で月額で生活するのに足らないかも知れない金額を貯金しておくか、個人年金やiDecoなどのサービスを検討したいと考えています。

男性40代後半 -KAC-さん 40代後半/男性 解決済み
福嶋 淳裕 1名が回答

自分がもらえる毎月の年金支給額について

私は今金銭的に余裕がなく、毎月支払う年金を全額免除してもらっています。以前は社会保険だったので自然と給料から引かれていたのですが、5年くらい前に仕事を変えてからは自分で支払うようになりました。しかし、毎月金銭的に余裕が全くなく、仕方なく市役所に年金免除の申請をしに行ったのです。年金を毎月支払わなくても良くなったのは安心ですが、本当にこのままで大丈夫なのかいつも心配になります。私は今40代で未婚なので、結婚しない限り高齢になっても一人で生計を立てるしかありません。今のところ結婚する予定もなく、このままでも本当に大丈夫なのか?私がFP(ファイナンシャルプランナー)に聞きたいのはこのような内容です。

女性40代後半 Keiko57さん 40代後半/女性 解決済み
福嶋 淳裕 1名が回答